2011年08月15日(月)

江~姫たちの戦国~ 第31話 「秀吉死す」 その背景 ~豊臣秀吉伝 その1~

テーマ:テレビドラマ
一昨年から昨年にかけて気づいたことの一つが、
私自身の関ヶ原の戦いについての認識の誤りでした。

豊臣と徳川の戦い、西軍と東軍の戦い、
そんな単純なものではないことに気づき、
現在、学び直しております。

関ヶ原の戦いについては、
大河ドラマでも、そこへ向けて走り出すでしょうから、
そろそろ、記事にしていこうかと思います。

結局のところ、関ヶ原を理解するためには、
少なくとも、秀吉が没する前から
把握しておかないといけないのでしょう。


劇中で秀吉が死にました。
この節目に豊臣秀吉その人のについて考えます。

豊臣秀吉

生まれについてはよくわかっていません。
1537年、尾張国中村の生まれとされ、
父・木下弥右衛門と母・なかの間の子だといいますが、
弥右衛門が百姓だったのか、足軽だったのかも不明です。
秀吉の幼名もわからないままで、
日吉丸となっている事が多いようですが、
これも後の創作とのこと。

7歳ぐらいの時に父を亡くし、
15歳の時に、木下藤吉郎と名乗り、
今川家の直臣である飯尾家、
その飯尾家の家臣の小豪族・松下之綱(あるいはその父・嘉兵衛)に仕えています。
後に織田信長は桶狭間で今川義元と衝突する訳ですが、
この時点では、今川の下の下の下にいたようです。
藤吉郎は低い身分の出身だったため、
読み書きや武芸を身につけておらず、
この松下之綱に兵法などとともに教わったとされています。
そうであるならば、主・之綱に相当近い立場であったことでしょう。
出自のよくわからない、
そして、浪人とさえ呼べるのかどうかも怪しい藤吉郎が
主に近づき、親しく出来たのは戦国の世における彼の才能か、
あるいは、希代の人誑しとして片鱗を見せていたのかもしれません。

しかしながら、なぜかここには長く留まらず、
3~5年ほどで松下家を後にします。

次に彼が現れるのが織田家。
藤吉郎19歳の頃で、信長の私的な武家奉公人となります。
"小者"として、雑役をこなす日々を過ごしますが、
清洲城の普請奉行や台所奉行などで功績を上げ、
織田家中で頭角を現しているんですが…
なぜ、一介の小者が土木・建築の責任を任されたのか、
藤吉郎自身が我こそと名乗り出たとしても、
じゃあ、お前に任せたという風にはならないでしょう。
松下家中、そして織田家中でも、
その出世には目を見張るものがあります。
例の信長の草履を懐に入れて
温めたというエピソードが影響しているのでしょうか?

…と思えば、蜂須賀小六にも仕えています。
このあたりが実に曖昧で、信長の前に小六に仕えていたという話もあり、
そして、事実として小六は後に秀吉の重臣となる訳です。
こういった人の動きを見ていますと、
今のイメージよりもフリーランス的な契約関係にあったのでしょうか?

浅野長勝の養女で杉原定利の娘のおね(ねね/寧)と結婚したのは、
25歳の頃。おねは14歳だったとも。
この頃の結婚では珍しい恋愛結婚だったとか。

美濃国の斎藤龍興を攻めた時に戦功を上げ、
このあたりから木下藤吉郎秀吉という名前が見られるようになります。
1568年、信長の上洛に従い、また京の政務の一端を任されます。

1570年、越前国の朝倉義景討伐に。
織田軍が勝利を目前にしたこの戦いでは、
妹・市を嫁がせた義弟で盟友の浅井長政に背後から急襲され、
朝倉と浅井の挟み撃ちに。
撤退を決めた信長に秀吉は自ら殿軍に進み出て、
この危険な任務を勤め上げ、織田軍の被害を最小限に抑えています。

そして、浅井長政を討つべくの姉川の戦い、
さらに小谷城の戦いで大功を上げ、
家中における存在感をさらに増していきます。


浅井家の近江の地を秀吉が治めることとなり、
名前を羽柴秀吉としています。
この羽柴姓は織田家中最有力の丹羽長秀と柴田勝家に懇願し、
一字ずつ貰い受けて創られたもの。
そのうちの一人、勝家は自らが討伐することになるのですが…

この頃、側室との間に、秀吉にとって初めての子、
秀勝(石松丸)が生まれていますが、
6歳の時に亡くなっていて、
後々、秀勝という名前の人が複数出てくるのは、
夭折した最初の子の事が影響していると考えられるそうです。


この後は対一向宗や中国方面の攻略戦で活躍し、
そして起こるのが本能寺の変。

織田信長が明智光秀に討たれます。


以下、続きます…

http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10987402239.html

ねてしてタペ


豊臣秀吉 (中公新書 (784))/小和田 哲男

¥693
Amazon.co.jp

真説・豊臣秀吉 (中公文庫)/池波 正太郎

¥720
Amazon.co.jp

新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)/司馬 遼太郎

¥780
Amazon.co.jp

新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)/司馬 遼太郎

¥740
Amazon.co.jp

豊臣秀吉 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (3))/吉本 直志郎

¥924
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集/上野樹里,宮沢りえ,水川あさみ

¥48,510
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第弐集/上野樹里

¥41,580
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集/上野樹里,宮沢りえ,水川あさみ

¥44,100
Amazon.co.jp

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第弐集/上野樹里

¥37,800
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Jack Daltonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>komikeさん
いろいろな記事をご覧いただきありがとうございます。頭の中が散らかっているので、こんなブログになっておりますが、引き続き、よろしくお願いします。
歴史についてもここ数年、急激に興味が湧いてきて楽しんでおります。
スマイレージといえば、5人がサブメンバーとして加入しましたけれど、とりあえず、元の4人とは上手くいっているようで安心しています。

1 ■無題

いつも ありがとうございます^^

歴史好きな私にとって Jack Daltonさんの 情報は
とても 勉強になります^^

動物も 虫も 大好きなので・・・

これからも よろしくで~す^^

スマイレージも好きです。 AKBの まゆゆが 1番ですけどね^^

コメント投稿

AD

QLOOKアクセス解析

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。