29都道府県で所在不明の子供が1603人もいる | I convey the truth with love〜Political blog〜

I convey the truth with love〜Political blog〜

傀儡安倍に戦争をさせない ユダヤアメリカと手を握った安倍晋三。悪魔の国となった日本。
テレビは平然と嘘・でっち上げを報道
国民の税金で爆弾を作り、イラクに降り注いでいます。
尊い命を救う為にも覚醒しないといけません
なので此処で皆さんに真実をお伝えします。

岡山県でおきた岡山少女誘拐
その時、何故、所在不明の子供が1603人もいる中マスコミで騒がれたのか
其れを紐解いて行きます。

{050F1AEA-5CF7-4F12-9FA1-A331E00AB9EF:01}

今年に入ってから、厚労省の呼びかけにより、全国の自治体で所在不明の子供の人数を調査することになりましたが、その結果、29都道府県で所在不明の子供が1603人もいることが明らかになったようです。

ーーーーーーーーーー
18歳未満の所在不明の子供が少なくとも29都道府県で計1603人に上ることが20日、産経新聞が実施した全国の自治体調査で明らかになった。 所在不明は東京都や愛知県など都市部に集中している。現時点で子供への虐待など被害は確認されていないが、保護者が自治体側との接触を拒んで所在不明となるケースは3市であった。無回答の自治体もあり、所在不明の子供はさらに多いとみられる。
 
神奈川県厚木市で5月、男児=死亡当時(5)=の白骨遺体が死後7年以上たって見つかった事件や、6月に表面化した東京都足立区の男児(4)行方不明事件を受け、47都道府県と計63の政令・中核市に5月1日時点の所在不明状況を尋ねるアンケートを実施。39都道府県(83%)と51の政令・中核市(81%)から不明者数について回答を得た。
 
その結果、321自治体で計2478人の所在不明の子供がいることが判明した。その後、各自治体の追加調査で875人の所在が確認されたが、1603人の行方は分かっていない。
 
文部科学省が実施している学校基本調査では、義務教育課程(6~14歳)での1年以上行方が分からない日本国籍の児童・生徒らの統計があり、平成25年5月1日時点では705人だった。今回の調査では、18歳未満のその他の世代や外国人も含め、多くの所在不明の子供がいる実態が浮き彫りになった。
 
都道府県別で見ると、最も多いのは東京で378人。次いで、愛知206人▽千葉159人▽神奈川143人▽大阪140人-の順で、都市部への集中がみられた。青森や奈良、長崎など13県は0人だった。
 
要因として、届け出を出さないまま帰国するなどした外国人の子供が多かった。日本国籍の子供は、乳幼児健康診査(健診)の未受診で両親らと連絡が取れないケースが目立った。中には、借金や家庭内暴力から逃れるため、住民票を置いたまま所在不明になっているケースもあるという。
 
健診未受診や未就学の子供を持つ保護者が自治体側との接触を拒否しているケースが「ある」と答えたのは川崎、神奈川県横須賀、熊本の3市。接触拒否の有無が「不明」と答えたのは32自治体に上っており、虐待やネグレクト(育児放棄)の恐れがある接触拒否の実数はさらに膨らむとみられる。
 
所在不明の子供については、厚生労働省も初めての全国調査を実施しており、実態把握を急いでいる。
ーーーーーーーーーーーー

29の都道府県以外の発表はまだ公式にはされていないようですので、今後、この数はさらに増えるものと思われます。
 
しかし、これほど多くの子供たちが所在不明になっていながら、岡山県倉敷市の小学5年の女児が行方不明になった事件だけがなぜか大きくマスコミで騒がれました。私はこのニュースを見ながら何か異様な違和感を感じざるを得ませんでした。
 
そして、この事件の犯人が逮捕されたとき、私はようやく合点がいった気がしました。この事件が創価学会の絡んだ犯罪ではなかったから、ここまで大きく騒がれたのだ、と。
 
日本の所在不明の子供は、昨年の調査では4000人近くいることが分かっています。しかし、それはあくまで16歳未満の所在不明児の数であって、それ以上の年齢の子供の数は含まれていません。したがって、累計では万単位の子供たちが行方不明になっていると考えられています。

所在不明の子供の数は、2011年頃から急激に増えました。それは以下の図表を見ればお分かりになると思います。
{DE9EC1F0-1BC7-48D1-92D5-E6F4F723DEF9:01}

しかし、このように2011年に所在不明児が急増したのはなぜなのか。私はこの問題について色々と調査した結果、組織的な犯罪が行われているからではないか、という結論に到るしかありませんでした。

しかも、そのように考えていた矢先、ベネッセの個人情報流出事件が起こり、子供たちの個人情報が大量に外に漏れていると分かったものですから、自分のこの考えにさらに強い確信を持つようになった次第です。

したがって、行方不明児の数が急増した原因は、創価学会によって組織的な犯罪が行われるようになったから、と今では考えていますし、以上のことから、岡山県倉敷市の女児誘拐事件がなぜあれほど大きく報道されたのかについて、以下のような見解を持つに至りました。
 
 
1 – この事件は創価学会員が起こしたものではないと最初から分かっていた。あるいは、あらかじめ創価学会員でない人間を使って、この事件をでっち上げさせた。つまり、犯人も被害者もすべては役者であり、ニュースに出てくる警官や近所の人たちもすべては創価学会のエキストラ。
 
2 – 犯人が逮捕され、無事に女児が救出される。その家族が大喜びするシーンがテレビのニュースで大きく報じられ、全国民がこのニュースに注目し、感動の涙を流す。
 
3 – その一方で、この日本には気の狂った変質者が増大していると国民に思わせる。
 
4 – 全国で増えている所在不明の子供たちは、このような変質者によって連れ去られている、という世論を形成する。
 
5 – 幼児誘拐が創価学会によって組織的に行われている、という考えがインチキであると世間一般の人たちに認知させる。

今やテレビで報道されるニュースの大半が、エキストラを使った壮大なドラマになりつつあります。多くの国民が既にその事実に気付いています。テレビに出てくる警察官、犯人、被害者、近所の人など全てがただの役者で、裏社会(金融ユダヤの傀儡たち)が一丸となって壮大なドラマを作り、一つの事件をねつ造しているのです。
 
ウクライナでのマレーシア航空撃墜事件などはその最たるものです。あの事件がアメリカのねつ造であるということは、もはやネットでは通説となりつつあります。ロシア側も、あれがアメリカの仕掛けた情報戦争であるとはっきりと報道しています。

現在、テレビ局は盛んに私たちのようなB層ではない人間に対して情報戦争を仕掛けています。彼らはそれだけネット上に流れる情報に危機感を抱いているのです。私たちはそれをはっかりと認識すべきです。
 
もっとも、現在のところは、私がいくらこのようなことを言っても「こいつは頭がおかしい」と思う人の方が大半かも知れません。あるいは、私がデマを流していると思う人もいるかも知れません。
 
裏社会の人間たちは特に、私のことを「不謹慎」と言って叩いてくるでしょう。被害に遭われた家族に対して失礼ではないかと言って……。彼らは何のモラルも持っていないくせに、やたらとモラルを武器にして人を叩きます。しかし、私は本当のモラルが何なのかを知っていますので、そんなことをされても痛くも痒くもありません。
 
とにかく、テレビで報じられたニュースが完全なドラマであった、という証拠はこれからは次々と出てくることになるでしょう。テレビがデジタル化し、画質が向上したことによって、嘘を嘘と見抜きやすくなっていますので、その日は近いと私は考えます。
 
現に通りかがりの人にインタビューしたはずが、実はエキストラだった、ということはこれまで幾つも判明しています。テレビ局の人間はそういうことが平気でできる人たちなのです。
{52C0DF90-655F-4E50-88FC-2B791DB7B8A8:01}

しかし、小さな嘘は見抜きやすいですが、大きな嘘は見抜きにくいものです。昔からよくそう言われます。今回のように事件そのものがインチキだったということになると、なかなかそう簡単には見破れないかも知れません。
 
しかし、いずれ全ての嘘が暴かれることになるはずです。悪がいつまでも放置されることはありません。裏社会の人間はその日が来ることを戦々恐々としながら待つことになるでしょう。