熊本市には14年住んでいた。

最初は夫以外に知り合いがいなくて、とても淋しかった。 

子どもが出来、友人も増えていって、今ではかけがえの無い友達が熊本にはたくさんいる。

だから熊本の震災の時は、心が痛んだ。





ずっとお見舞いに行きたかった益城町の皆乗寺に、今日やっと足を運んだ。

皆乗寺は友達の粟津さんのお寺で、うちと同じ女の子が2人いて、娘達が小さい頃からお世話になってた。


{41489F5E-F925-4819-85EF-8FD72F16FFD1}

門の上部が波打ってる。




当時うちは熊本市内に住んでて、娘2人を車に乗せて、空港線のまっすぐな道をドライブして粟津さんちに遊びに行ってたのが懐かしい。

お寺で大晦日に鐘つきをさせてもらったり、留学生を呼んでインターナショナルパーティをさせてもらったなぁ〜。

思い出の鐘つき堂は、石垣が壊れたので、危険という事で撤去されていた。

立派なお堂は、内側をワイヤーで引っ張って、傾くのを防いでいる状態。
だけど江戸時代に建てられた建物は、悲鳴をあげながらもしゃんと持ち堪えていた。

{4A67A721-7ED6-4A9C-8176-1185873FB20C}

{9560F5B1-034A-4D5F-B936-5A48622D067E}


{5585BBE6-7F35-4C74-953D-3EC4421AC3FA}

江戸時代の組み木細工は、激しい揺れを分散するので、建物は倒壊を免れたとのこと。
日本の伝統の技術は素晴らしい!

{F20A2F79-0A67-408B-B82D-103D8058CD73}

彫り細工の一部が脱落したものが置いてある。
とても二百年前のものとは思えない、しっかりした造りである。


粟津さんが、修理と保存に向けて動き始めているという話を聞かせてくれた。
前の住職がお寺の記録をきちんと取っていた事で、
まるでファミリーヒストリーに出てきそうなお寺の歴史が、浮かび上がってきたんだそう。


粟津さんご夫婦も、自分たちも紙とネット上で、寺の再生の記録を残す事にしたという。

お寺の再興を祈っています。
お堂が再興された時に、きっとまた来ます。