いきどおった話 | ザ・ショッキング
新型コロナウイルスに関する情報について

いきどおった話

一回一回の勝負、と最近よく思うんです。

 

 

ショッキングのライブはもちろんそうだし、試合もそう。

飲食やってたときは、一回一回の仕事がそう。

 

ジムでエクササイズクラスをやらせてもらっていますが、

クラスレッスンもそう。

 

 

ダメな日が30回に1回で他の日はしっかりやったとしても、

ダメな日に初めて来た方にとっては、それが私の全てだと思うわけです。

 

 

調子が悪いって言い訳して1回でも納得いかないことしてたら、

結局自分に返ってきますね。

 

 

初めての人だけでじゃない。

なんども来てもらっている人ほど、こちらの熱意や誠意がすぐ伝わる。

 

 

ショッキングのライブは特にそうだったな。

いつも来てくれていた人が来なくなるとき、理由はもちろん色々あるだろうけど、

また見たいと思わせなくなったら、飽きさせてしまったら終わり。

 

 

 

 

練習も同じですね。

 

次の試合まで、あと何百回も練習できるわけじゃないんだから、

一回一回の練習を大切にしなければ。

 

体が動かない日も気持ちが落ちてる日もあるけど、

コンディションに合わせて意味のある練習はできる。

 

 

 

 

 

いや、何が言いたいかっていうと、

 

 

ふらっと入った超有名ラーメン店が、味も店員さんも中の下でもう二度と行かないって話。

 

(我慢して我慢しての、数ヶ月に1度のご褒美ラーメンでハズレはやるさなさすぎ)