最期のアロマハンドケア | 毎日、笑顔に逢いたくて!オザティのオフィシャルブログ

毎日、笑顔に逢いたくて!オザティのオフィシャルブログ

自由が丘のアロマ・エステのサロン&スクール『エフェクティブタッチ』を主宰。オザティの体験記やセラピストに役立つ情報を公開中!

US=私たちと、JOIN=一緒にをモットーに「セラピストの会JOINUS」を運営しサロン業成功のお手伝いもしています。


テーマ:

ラブラブ人気ブログランキングに参加していますラブラブ

人気ブログランキングへ ココ 読む前にぽちっと。

いつも応援ありがとうございます好


昨日はJOINUSのアロマボランティアの活動日でした。 月に1回の定例の活動日。

施設ではハロウィンの飾り付けがしてあったり、玄関の生け花が私たちボランティアセラピストを出迎えてくれました。

 

いつものようにお部屋で寝たきりの方にアロマのハンドケアをさせていただきました。

もう、ベテランの域に入ってきたセラピストさんと一緒にお部屋を回ってね。

オザティもいつものように「また来月、来ますね!」とお声をかけながら一部屋一部屋お邪魔してね。(※掲載しているお写真は看取りケアのものではございません。)

 

ここまではいつも通り。

 

でも、昨日はいつもと違うセラピーもありました。

 

それは看取りのアロマテラピーをお届けしたこと。

 

施設でのアロマケアは、通常では禁忌な方へのケアもおこないます。

 

高血圧、心臓病など疾患をお持ちの方、お薬を服用している方、腕に内出血を起こしている方などにもケアをします。

 

これらがダメとなってしまうと高齢者施設でのアロマテラピーは、ほとんどの方が疾患を持っていたり、服薬中なのでセラピーができない事態になってしまいますのでね。

 

セラピストだけの判断ではできないケースも、ボランティアのチームにはドクターや看護師さん、介護施設のスタッフの皆さんと私たちがチームになっているからこそ、できるケアなんですmayu

 

そして昨日は看取りケアの方にもセラピーをさせていただきました。

 

「最期の時を心穏やかに過ごしていただきたいのでお願いします。これが最期のアロマになりますので・・・」と、施設からご依頼がありました。

 

数日の余命とのこと。

 

オザティも心を穏やかにしてセラピーをしたかったので全員を周り終わって活動の最後にやらせていただきました。

 

毎月、セラピーを受けてくださった感謝と、

最期にハンドケアをさせていただいた感謝と、

長く人生を送ってくださった感謝と、

 

溢れてくる感謝の思いがたくさんあり過ぎて言葉になりませんが・・・泣

 

息も荒く、発熱ですごく熱くなっている手・・・

 

少しでもアロマケアで楽になりますように。

タッチケアで少しでも心が穏やかになりますように。

 

お祈りしながらのトリートメントでした。

 

いつまでも触れた手を離したくなくて、名残惜しくて、名残惜しくて・・・

 

とうとう、お別れの時間がきてしまいました。

 

センチメンタルになった気持ちをどこにも置くことができなくなって帰りに神社に寄りました。

神社からの夕陽が全てを優しく包んでくれましたmayu

どうか、どうか、天国に召されますようにとお祈りしてLOVE

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

「いいネ!」にポチッとお願いします
いつも応援ありがとうございますWハート

毎日、笑顔に逢いたくて!「毎日、笑顔でいい日。」でありますように♪

オザティさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります