KYTを使った腰痛セラピストの ゆかです❤



とてもステキな記事をFacebookで見つけました。お友だちがシェアしてて、何となく氣になり、見てみたらハート ずぎゅんと打ち抜かれました✨ラブラブラブ


ずぎゅんと来た 静香さんの 記事 いくつか、ご紹介しますね❤



・・・・・・・・・・・・・・・」







一番嫌いなものは
一番欲しかったもの

欲しくて
欲しくて
望んで
望んで
努力して
努力しても
全く
手が届かなかったもの

それは
あなたの愛に
応えなかったもの

あなたの愛を
踏みにじり
見捨てていったもの

本当に
望んでいたのに
全く手が届かないとき
人は
それを憎しみとして
自らの中に閉じ込める

痛すぎて
覗き込めないなら
閉じ込めてしまおう
嫌ってしまえば
望むこともなくなる
否定してしまえば
その価値を認めずに済む

そうやって
わたしたちは
自分の一番欲しいものから
(望む状態)
かけ離れ
遠回りして
代替えのもので
自分を満たしては
満たされない
欠乏感に苛まれていた

そして
遠回りして
やっと
自分が欲しかったものに
気づく

魂が叫び声をあげる

このまま
偽の自分を歩んでいたら
人間の自分を越え
魂までも死んでしまうと

彼岸のわたしからは
此岸のわたしはよく見える

そうやって
魂は経験し
魂が
本当に望むものを
自分に与えることが
できるようになる

欲しくて
欲しくて
仕方がなかったもの

望んでも
望んでも
手が全く届かなかったもの

自己防衛手段として
嫌悪して
自らに閉じ込めたもの


それらの
あなたを裏切っていった
数々のものが
一気に
自分へと帰還している

そう
それは
ただすべて
必要だったこと

最高の今を
体験するために
ただ経験があっただけ

もう
嫌わなくていい

もう
遠ざけようとしなくていい

欲しいもの
欲しいといえばいいから

あきらめた
あの想いも
あの想いも
すべて叶えたらいい

今のあなたなら
叶うから

もう嫌わなくていい

遠ざけなくていい

あの想いも
あの想いも
もう
耳を塞がずに
聞いてあげてもいい

あの時あきらめた
すべてのものが
あなたに再び帰還する

再び赤子のように
永遠の安らぎに包まれよう


・・・・・・・・・・・・・・・・






嫉妬がないわけではない

嫉妬をしない聖者は聖者ではない

愛とは全体だ
始まり終わりなく
存在している
すべてだ

愛を見つめるとき
そこには醜さもある
みたくなく
許せないものもある

嫉妬が起こる

自分の中に蠢く
ドス黒いものに出会う
おののく、恐怖、怒り以外にない

こんなはずではなかった

またそんなはずはないと

愛深さゆえに
そのドス黒さは
増してゆき
嫉妬の暗黒に堕ち
我を失う

偽の聖者は
己の闇をみなかったことにし
平安を調和を保とうとする
嫉妬をも赦し受け容れたフリをする

感じたものに蓋をするのは
恐れでしかない

偽の聖者は
その自分の醜いものを
次々と蓋をしていき
慈愛という奇妙なラベルで
隠してゆく

本当の仏の顔は
般若になったものにしか
出来ない

鬼が流す最後の涙は
慈愛となる

わかりすぎるから
許さずにはいられない
救わずにはいられない

暴虐無人をやり尽くし
鬼に最後に訪れるのが
湧き上がる赦し
慈愛
すべてに湧き上がる愛おしさ
鬼が仏になる瞬間だ

自分の中の醜さを
綺麗なもので
埋め尽くそうとしているうちは
内側に潜む怒りは消えてなくならない
外側に見せる慈悲だけ唄っても
人の心には響かない

自分が鬼なったとき
初めて
相手の中に潜む
鬼を愛せる

赦すという
上からの立場ではない

同じなのだ

あんなに怒り蔑み否定しようとしたそれは
わたしにも等しくあるのだ

故に嫉妬を感じていても
嫉妬出来なくなる

意味がないのだ

自分も同じだから

また相手の人生を否定する権利は何もない

むしろ応援してあげるべきだ…という気持ちになる

一度本気で般若をしてしまうと
二度と出来なくなるんだ

もう二度と自分の手で誰かを傷つけたくなくなる

一度本気で鬼になったものは、二度と鬼にはなれなくなる

それが本当の仏の顔

嫉妬も憎しみも怒りも醜さも
孤独も知っているから

わかるんだ。。。

だから自分以外のものの、幸せ祈るしか出来なくなるんだ

嫉妬もあるし、怒りもあるだろう

でもそれも、自分の中の愛にしてみたら、とてもとても小さなことなんだ

それをよく知ってるからこそ、愛することしか出来ないんだ

観音様の慈愛は、すべての人間の苦しみを自分が知ってるからこそ生まれてくるもの

すべてをそっと包み込む優しさは、自分の汚い感情を直視しないことからは決して生まれることはない

故に観音様は、泥の中から咲いた蓮の上で永遠に微笑む✨

それが本当の仏性であり、神性である✨


・・・・・・・・・・・・・・








聖女も娼婦も
呑み込むものは
同じだ…

愛のカタチが
違うだけ

聖女は
外側から包み込む

娼婦は
内側から包み込む

なにも
相反していなかった

愛の抱擁を
どちらから
欲するのか

どちらから
包み込むのか

…それだけの違い





・・・・・・・・・・・・・


なんか、そうだよね、そうだよね、って、想いました❤


必要な方に届きますように❤



腰痛 肩こり 膝や股関節が痛いなど、カラダの不調でお困りの方 連絡くださいね✨


ココロとカラダのケアサロン
ゆかsmileおてあて院



AD