子どものこころが喜ぶ時。 | 早川菜々(公認心理師) こころエデュケーショナルサポート

早川菜々(公認心理師) こころエデュケーショナルサポート

しあわせな大人になろう♪
心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。
公認心理師・心理セラピスト 早川菜々 ホームページ http://therapist7.com

こんにちは。

公認心理師で心理セラピスト....で

学研教室の先生をしている早川菜々です。



私の学研教室は

私の実験教室...となっているかのようなのです。



どういうことか...というと



心理的なアプローチを通して

お子さんのやる気と自己効力感を高めることに

主眼を置いているからです。




子どもは小さな大人ではありません。


大人への準備期間という見方をしてしまうと

いつでも、次のこと、先のことを

要求したくなってしまいますね。



そうではなく

子どもには今の年齢において

体験を通して達成してほしい事柄があるのです。




そのためには

「ただできれば良い」

というわけではないのです。



わからない時にどうやって問題に対処するか

その方がずっと大切なことであるのです。



そんな接し方をするものですから

私の教室はほとんど広告をせず

1クラス6名以下の少人数でやっています。



今日はそんな数少ない大切な生徒さんから

とーっても素敵なプレゼントをいただきました。





可愛いでしょう❤️


真ん中にいるのは

小学2年生になったばかりの

Kちゃん本人でしょう。



「なんでだろう?」

「わかった!」



と言っていますね。


その下には⭕️をつけられた問題集や

筆箱も描かれています。




考える力がつく


勉強がわかりすすむ


時計が「ゆっくりゆっくり」


サングラスをかけた問題集は

「わかんなかったられんしゅうする」


消しゴムは「まちがえたらなんかいもけして」


定規は「でばんまだかな?」

鉛筆は「がんばれ」



たのしく勉強できる

ちゃんとおぼえられる



そして学研教室のロゴマークの教室くんは



「いつでもおいでー」

「楽しいよー」




勉強する喜びにあふれた絵。



これを受け取った私がどんな気持ちになったか...

皆さんはお分かりですよねぇ。



♡♡♡♡♡♡♡



勉強を通して自分を信頼する力を育めるように

お子さんへの接し方に

心理セラピストとしての経験を用いていきたい。



そのためにはこれからも変わらず

数名のお子さんの「今」を

やさしく見守り続けようと思います。