わたしはこのために学研教室をやっている。 | クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。サポートのつながりを目指す教室です。
心理セラピスト早川菜々 ホームページ http://therapist7.com


テーマ:
 
こんにちは。
心理セラピストの早川菜々です。


私が学研教室を始めて、3年目に入りました。
元々、英語塾から学習塾に転向して、長いこと町の塾をやっていたので、慣れた仕事です。

教室の待合室

しばらく前に出演していた地方FMの小さな番組のスポンサーを、学研船橋支社さんが引き受けてくださるということから、やってもいいかなと始めたものでした。

スポンサー契約もラジオも終わりましたが、子どもたちは大切なので、細々と続けています。


教室のプロフィールに「心理カウンセラーが教えている」ことを明示しているためか、保護者様の求めていることに、心理的支援が含まれているなぁと感じることもあります。



本棚には心理や発達の本があって、ママたちが借りていきます。

先日、3歳ちゃんが来ました。
ひと目見るなり利発な子です。

私は、小さい子は外でお砂遊びや草摘みしたり、お家でママに本を読んでもらったりする方がいいと信じているので、いらしても積極的に入学をおすすめしないことが多いのです。

まぁ、学研の教材は、大変知的刺激を与える良いものなので、2人くらいまでなら教室に居てもいいかなぁと思ってはいました。


ところが...
お話を聞いていると、9ヶ月前から◯文に行っていると言うのです。
高速反復計算の◯文です。

えっと9ヶ月前って3歳になったばかり...。

うーん。。
お断りしたい。。



なにか事情があるのかなぁと、体験レッスン2回目にお尋ねしてみると...


引っ越してきたばかりでママに友だちがいない上に、働き盛りのパパは毎日遅く、閉塞的なお家の中で利発な子どもの「見てみて!」「なんで?どうして?」のストレスが重なって、必要のない時に怒ってしまうことへの罪悪感を話して下さいました。


あぁ...そういうことかぁ...。


本来は3回の無料体験レッスンを4回にして(笑)、ママに少しの自由時間を作って差し上げました。

ママは来るたびに、顔が明るくなっていきました。


4回目には、ご主人と話しあったこと、◯文はやめること、そして少し郷里に帰ってゆっくりすることにした、と話してくださいました。


私も大にっこり( ◠‿◠ )!


4月から年少で幼稚園に上がるんですもの、そうそうそれがいちばんですよ!と、私も大賛成。


ママもご実家でゆっくり甘えてくるといいですよ、というと、少しはにかんで笑顔を返してくださいました。

入るならこちらの教室へ...とおっしゃるので、いつでも待っていること、困ったことがあったら、いつでも相談に乗ることを約束しました。


学研さんとしては、広告費を使って集めた体験者を逃す私に、苦々しい想いをしているかと思いきや、

「先生のお教室は、そういう需要があるでしょうから、入学しなくってもいいですから、お母さんを支えてあげてください!」

と、担当社員さんが言ってくださいました。


いい会社だなぁ〜
さすが、老舗〜( ◠‿◠ )


町の教室は、間も無く保護者支援の拠点となる予定です。


子育て困難を抱えるママやパパ、親の留守中に子どもを見ているおばあちゃんやおじいちゃんも集まれる、地域の拠点になるように活動します。



学研教室という土台は置きますが、それはあくまでも土台。

この時代に、親子共々安全に子育てのできる地域を目指して、できることをやって行こうと思います。


あのママも、お喋りしに気楽に寄ってくれるといいなぁ。



こころ教室♪心理セラピスト 早川菜々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント