あんな人だと思わなかった!の心理とは? | クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。サポートのつながりを目指す教室です。
心理セラピスト早川菜々 ホームページ http://therapist7.com


テーマ:
こんにちは。
心理セラピストの早川菜々です。

なにやら書き物がたくさんだった1日でした。

誰かとトラブルになった時に
「あんな人だと思わなかった!」
と、捨てゼリフのように言いたい時はありませんか?

ありますよねぇ。。

えぇ、私も長〜い人生の中で
1度や2度や...100度位は言ったかも。笑



自分には、豹変したように見える相手の言動に、天と地がひっくり返るほどびっくりして、腹が立って、悔しくって...

あんな人だとは思わなかった!!
...となるんですよね?


それって...私はその人のことを、いったいどんな人だと思ってきたのでしょうね?


それって...その人がほんの一瞬で違う人格に変わったということでしょうか?


そんなことはあり得ませんね。
へ?お手伝いしないって?
ちぃはいっつもここでお昼寝してるでしょ!

それは、自分がこうあって欲しいという人格を、相手に投影させて、自分だけにそう見えていたということではないでしょうか。

それを心理学では、投影同一視と言います。

おそらく小さな頃に、親にそうあって欲しかったというような切ない欲求を、自分の好ましいと思っている相手に重ねているのでしょう。

ですから、その情熱のこもった気持ちは、かえって激しい憎しみをもたらすこともあるのです。


なぁんだ、自分の理想の人ではなかったんだ...
と、自分ががっかりすれば済むこと。

でも、がっかりしたり悲しみを感じたり、しなやかに自分の気持ちに寄り添うことが苦手だと...


相手へぶつけて、大惨事に。苦笑


相手を自分の理想の人に仕立てたい心理が存在する。
この事実を知ってから、人付き合いがとても楽になりました。


ただ今、そんな基本的な心理の「シンプルな講座」を計画中です。

お届けまで、少しお待ちくださいね。









こころ教室♪心理セラピスト 早川菜々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント