”医療のAI化について” | クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。サポートのつながりを目指す教室です。
心理セラピスト早川菜々 ホームページ http://therapist7.com


テーマ:
こんにちは。
心理セラピストの早川菜々です。



こちらは、冷たい雨の1日になりそうです。



カウンセリング技術が必要な仕事が、カウンセラー以外にもあることが知られてきました。

相手のこころの受容・共感なくして、対人関係をうまく運ぶことは難しいことが、やっと日本の実業界にも理解されてきたようです。

ところが、高い権威を持っている職業の方には、その意識がまだまだ浸透していないように見えることがありますね。

こころと身体は切り離して考えられないことは知っていても、「医師の診察」において、こころを大切にされていないと感じたことは、ありませんか?

以下に引用させていただいたブログには...

『現場での実践手技と患者さんの気持ちを汲み取れるようなカウンセリング技術を中心に教えていくべきだと思います。
これまでおざなりにされてきた共感能力を高める教育にシフトしていかないといけません。』

...とありました。

AIに診察をさせる病院が増えて行く流れになっているようですが、AIにできないのがカウンセリングだそうです。

私の元にも、医療関係の方々が心理に関心を持ち、学びにいらしていますが、先見の明があったということですね。

こころ教室♪心理セラピスト 早川菜々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント