鰯の頭も信心から。 | クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

クラス・リエゾン こころ教室♪早川菜々  

心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。サポートのつながりを目指す教室です。
心理セラピスト早川菜々 ホームページ http://therapist7.com


テーマ:

こんにちは。

心理セラピストの早川菜々です


暖かった立春の昨日から打って変わって、寒い朝でした。



ところで...

恵方巻き...の起源が廓でのお遊び、というのは意外と知られてきましたね。


諸説あるという方もありますが。




東京の民家にはない風習だったので、私はまったく関心がありませんでしたが、習慣にしているお家もかなりあるんですね。



私が子どもの頃は、お家でちらし寿司や巻き寿司を作ったりはしていたようにも思います。



でも、どちらかを向いて無言でかぶりつくというのは、聞いたことがなかったです。




節分で見かけなくなったのが、鰯の頭を柊の枝に刺したものです。



ご存知ないですか?



鰯の頭を柊の枝に刺したものを藁で束ねて、玄関や門に取り付けるのです。



画像はネットからお借りしてきました


そして、豆を巻いて鬼(魔)を追い払い、再び家に入れないというための、魔除けだったんですよ。



『鰯の頭も信心から』


ということわざは、ここから出たものです。



コレって、2月3日の講演でお話しした『知らないうちに書かれたあなたの人生のシナリオ』と通じるものがあるなぁ、と思いました。



由来を知った上で、それに縛られているというわけではなく行なっているなら、生活を豊かにする季節の風習で良いでしょう。


でも、10億円分の廃棄が出るほどの狂乱ぶりを見たら、やはりちょっと疑問に思い始めます。




自分の人生についても...


どうして『いつも』『自分ばっかり』『こんな目に』など疑問が出てきたときは、チャンス到来!

考え時ですね。



鰯と柊もいいでしょう。

決められた恵方に向かって

巻き寿司をかぶりつくのも楽しいかも。


でも、人生の当たり前や習慣には

ちょっと疑問を持って見ませんか?


少し深めて考えてみる習慣を身につけると

人生にも新たな『視野』が広がるでしょう。










こころ教室♪心理セラピスト 早川菜々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント