スティング「 If You Love Somebody Set Them Free」 | ネコ人間のつぶやき

ネコ人間のつぶやき

 ご訪問いただきありがとうございます。子育て・人間関係・家族関係・ライフスタイルなどについて日々感じていることを綴っています。

  「 If You Love Somebody Set Them Free」(1985年)は、スティングのアルバム「ブルー・タートルの夢」に収録されているソロ初ヒット曲です。

 

"Sting - The dream of the blue turtles (Full)" Photo by davidcallidae

source:

 

 

 

 1984年1月に活動休止したポリス。「ポリスがもう観れないな・・・」とガックリしていた当時の私。

 

 で、この曲のMVを観た時、スティングを聴ける歓びを感じた記憶があります。

 

 新しいスティング。どんな音を作ったのか、興味津々だったわけですが、これほどジャジーなサウンドをもってきたとは!

 

 やっぱりスティングはいい!カッコいい!と感動したわけです。

 

 MVも洒落ていて、動くコラージュといった感じの作りなんですね。

 

 歌詞でスティングが訴えているのは、恋愛関係において相手を束縛しないこと。

 

 束縛は恋人を囚人にしてしまう。恋人は自分の所有物じゃない。誰かを好きになったのなら、そのひとを自由にしよう、というメッセージです。

 

 そうだよね、と深く共感。

 

 一流ジャズミュージシャンと制作した「ブルー・タートルの夢」でスティングは、ポリス時代の音楽とは違う、自分しかできない音楽的志向性をはっきり打ち出したんですね。

 

 ソロになったスティングは、もっと自由にジャズ、そしてワールドミュージックとの融合、さらにオリジナルな音楽をつくってゆきます。

 

 「 If You Love Somebody Set Them Free」はスティングの「新しい自分の音楽を自由につくるぞ」という宣言、記念碑的楽曲だと思います。