こんにちは~ 照れ
セラピスト もも です音譜

昨日のテーマで
腰椎が出てきたので
本日は
【 腰椎と腰痛の関係 】
についてまとめます流れ星


まずは…腰椎の所属する
背骨についてひらめき電球

背骨は、
第1頸椎〜第7頸椎 (けいつい)
第1胸椎〜第12胸椎 (きょうつい)
第1腰椎〜第5腰椎 (ようつい)
24個の骨で構成されています🦴




本日のテーマである
腰椎は5つの椎骨の連結
構成されているのですが、
文字通り腰椎は
カラダの『要』であり
人間のあらゆる動作の中心は
腰にありますてんびん座



第1腰椎 の働き

第1腰椎は体を反る時に中心になる骨で
腕や首など上半身の運動と関係します。

人間は二足歩行ですが

長時間の立位の時にも

この第1腰椎が中心になります。


また第1腰椎は頭(ストレス)が

疲れると緊張してきます。


* 体を反る事が困難になる
* 朝起きた時に腰痛を感じる
* 常に腰が重かったり痛みを感じやすい
* 立ちっぱなしの仕事をしている



第2腰椎 の働き


第2腰椎は左右に体を倒した時

中心になる骨で第4腰椎が連動します。


消化器(胃、腸、肝、膵臓)と関係があり

第2腰椎が歪むと

以下の様な腰痛を感じます。


左右に体を倒した時に痛い
階段を下る時に痛い
くしゃみをした時に痛い
食べ過ぎた時に痛みが出やすい


第3腰椎 の働き

第3腰椎は体を捻る時に中心になる骨です。

泌尿器(腎臓、膀胱)と関係があり
第3腰椎が歪むと
以下の様な腰痛を感じます。
 

* 体を捻ると痛い・かたい
* 座った状態から立ち上がった時に痛い
* 腰に力が入らない・動けない


第4腰椎 の働き

第4腰椎は骨盤の動き(開閉)を司る骨です。

骨盤の閉じる可動性がないと
うまくしゃがむ事が出来ず痛みます。

第4腰椎は生殖器・婦人科と関係があり
第4腰椎が歪むと
以下の様な腰痛を感じます。
 

 しゃがんだ時の痛み
* 子宮・卵巣の異常での腰痛


第5腰椎 の働き

第5腰椎は前後運動の中心になる骨です。
第1、第3腰椎と連動します。

動作の初動時に力が入る骨で
第5腰椎は呼吸器と関係があります。
第5腰椎が歪むと
以下の様な腰痛を感じます。
 

* 前かがみの動作時の痛み
* 姿勢を変える時のズキッとした痛み
* 足の痛みに特に関係がある(座骨神経痛など)
* 階段を上がる時の痛み




こちらの関連性を知ると
腰痛が生じた際に
どこの腰椎を調整すれば良いか
おのずと答えがでるかとニコニコ

個人的には
側臥位 (横向き)での調整が
負担も少なくお勧めですが…

知識がない方が
無理に緩めようとするのは
腰痛悪化になりかねないので
お勧め致しませんので
お気をつけくださいませチューリップ紫


- おわり -