聴き方のテクニックより大切なもの | 言葉とイメージで人間関係は ますます好くなる
2017年12月17日

聴き方のテクニックより大切なもの

テーマ:人間関係 how to

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

 
◆―――
 
カウンセラーの聴き方で
 
一番大切なものは何ですか?
 
―――◆
 
このようなことを尋ねられた時は、

 

テクニックより、マインドが大切 

 

とおこたえしています。

 

 

 

どういうことかというと、

 

心と身体は繋がっているのは、

 

どなたも実感されたことがあると思います。



 

ですので、

 

心の状態は、身体を通して表現されることが多いのですね。

 

 

 

例えば、

 

椅子に反り返るように座って、腕を組んでいたりすると、

 

 

この会話は、受け入れられないとこあります。

 

あなたの話に、疑問・疑い感じてます。

 

または、

 

この話、客観的に考えたいです。など

 

否定や批判、疑問、客観視・・・などの

 

心の状態があるのですね。

 

 

 

 

逆に、

 

少し前のめり、前傾姿勢で、座っている場合は、

 

 

この会話は、楽しいです。興味あります。

 

あなたの話に、もっと聴きたいです。

 

興味や関心、好意・・・などの心の状態が態度に表れます。

 

 

  

カウンセラーの話の聴き方の大切なポイントは

 

たくさんあるのです。

 

そして、テクニックもいろいろあるのですが、 

 

 

 

結局は、

 

相手に「興味」「関心」「好意」を持っていれば、

 

自ずと身体も聴きやすい態勢を整えるわけです。 

 

テクニックより、マインドが大切なのですね。

 
 
これは、
 
カウンセラーでなくても、私たち日常で
 
よく行われていることです。
 
興味や関心があれば、
 
相手の目を見て、身体を相手に傾けて
 
何を思っているのか受け取るために
 
相槌やうなずきをして話を促し、
 
関心のあること・もっと教えてほしいことは
 
自ずと相手の言葉を繰り返しながら聴く。
 
 
このように、

 

マインド(興味関心)が

 

勝手に聴く姿勢を作ってくれるんですね。

 
 
目の前の相手に
 
興味や関心を持てる気持ちが大切。
 
 
家庭や職場でも、少し意識してみたらいですね。
 
 
 
 
 

 

 
 

 

心理カウンセラー☆黒田めぐみ 言葉とイメージで人間関係力↑さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス