グルテンフリー生活ではないけれど、小麦摂取量は減ったと思う。 | ゆったり 朝 コーヒーと。

ゆったり 朝 コーヒーと。

アメリカワシントンDCエリア在住グローバル500ビジネスコーチのシンプルな毎日。

いろいろと、健康系の本を読んで、オーガニックなもの摂取が増えた私。

Brain Grainやら、Wheat Belly(今まさに聴いてる最中)やらをオーディブルで聴いて

小麦も控えたいと思いつつ、それって難しいなと思っていた。

 

そもそも韓国にいた時に

韓方の先生にはいつも「小麦は食べるな」と言われ

げー、パンも食べれないし、麺も食べれないし、きっつー。と思っていた。

 

けど、約1年経って振り返ってみると

小麦の摂取量断然減ってる。

そんなに苦労したわけでもない。

 

その理由は多分、野菜と果物が増えたからと思う。

お昼ご飯は基本緑の葉っぱ系(レタス、ほうれん草、ケール、スプリングミックス)のサラダ。

晩御飯はできるだけ主食を除いておかずのみ、特に野菜のおかず多め。

 

おやつも、果物、ナッツ、ゆで卵、90%以上のダークチョコ、など。

しかも、USDAのオーガニックマークがついたもの基準で探してると

たいてい、もう、材料そのままのものなので、変なものが混ざってないものになる。

 

で、多分、苦労しないで小麦を減らすコツは

全然なしにしないこと。

なくすことを目標にするんじゃなくて、減らすことを目標に。

 

私の場合、一人で食べるときは、小麦なしにするけど

旦那や他の人が作ってくれたものとか、パーティーに呼ばれた時とかは、食べる。

食べ物の社会的側面はできるだけ維持して。

 

そして、昨日とかみたいに

外に出ていろいろと作業を頑張って心も身体も疲労気味って時には

お気に入りベーカリーで特別にご褒美でスコーンを買って、家で旦那にもシェアしたりする。

 

こうやって一人の時は小麦なし

的に、基本ゆるくしてみると

案外長期的にみると全体量減ってるし、何より、小麦食べないことに、慣れる。

 

そして、毎日体重測っているので、わかるけど

小麦食べた時には確実次の日の体重増える。

特に夜食べた時。

 

まあ、これも、長い目で見れば

一喜一憂するよりも

次の日ちょっと調整すればそれで済むこと。という心構えが大切で。

 

結局のところ、ダイエットにも、ってか健康にも、大切なことは、

長期的な視野を持って、少しずつ改善。を継続していくこと。

日々の波にあまり影響されないこと。

 

いかに、心や時間にゆとりをもつか。

これもまた人生ですね。

最近全てが心や時間のゆとりにつながる気がする。