今回も「シリコンバッグさようなら」です。

 

やはりシリコンバッグは不自然な形状になる事が多く、乳癌健診から足を遠ざけます。

年齢的には乳癌の羅患率が上昇してくる年齢の方が入れられているケースが多いので、しっかりと健診を受けて頂くべきだと思います。

 

さて今回はシリコンバッグを除去し、太もも全周から脂肪を集めてコンデンスリッチファットにして注入した方をご紹介します。

 

このゲストは以前他院で太ももの脂肪吸引をされているため、組織が硬く、脂肪を集めるのに難渋しました。

シリコンバッグは2007年に挿入されています。

 

身長164cm 体重50kg (BMI:18.6) です。

 

バッグが少し下方に移動しています。

また横から見るとデコルテから乳頭にかけてのラインにバックの形が出ています。

バッグ抜去 crf豊胸 バッグ抜去 crf豊胸 

バッグ抜去 crf豊胸バッグ抜去 crf豊胸 

 

まずは脂肪吸引。先述の通り、脂肪組織は通常の方よりも硬かったですが、

コンデンスリッチファットはしっかり670cc作成できました。

 

次はバッグの取り出しです。

腋窩の(挿入時の)切開創部を使用します。

バッグは下方に移動し 被膜拘縮が起きていました。

バッグ抜去 crf豊胸

 

入っていたバッグは210cc ラウンドタイプ テキスチャー コヒーシブ でした。

その後注入です。

バッグ抜去 crf豊胸バッグ抜去 crf豊胸

本ゲストはバッグにより組織が圧迫されており写真でもお分かりかと思いますが凹んでしまっていましたが、皮膚の伸展が良かったため、コンデンスリッチファットを左右各々270cc注入できました。

 

今後の経過は追って報告します。