THE CLINIC 東京院の東です。

 

私は本日よりアメブロ始めさせていただきました。日々の診療で多くのゲスト様からのご質問をきっと他の多くの方が抱いておられると思い、ここで代表的なものに答えていければと思います。

 

今後は施術のbefore/after等も載せていきますね。

 

さて、今日は普段美容手術においては、実はあまり皆さんが気にしないかもしれない「傷跡」について話したいと思います。

 

脂肪吸引で脚を細くするとか、鼻にプロテーゼを入れて高くする等「形」の方に目が行きやすくなりますが、そもそも傷ってどうなの?美容手術なんだし、美容外科医なんだから、きれいに縫うでしょ? と思われている方も多いと思います。

 

もちろんお顔の施術等では傷は大きな問題ですが、当院のような脂肪吸引・豊胸等に特化したクリニックではメインの話に注目してしまいます。

 

もちろん綺麗に縫う。小さくするとかは当たり前ですが、傷というのは完全に消えるものではありません。限りなく見えにくくなるというのが真実です。

 

ではそんな場合に当院での脂肪吸引や豊胸術の際に徹底していることは

 

「目立ちにくい場所にそもそも傷を作る!」

 

です。例えば脂肪吸引では足の付け根の座るとしわになる部分、腕であれば肘のしわの部分と脇のしわに隠れるような部位に、そして豊胸では同じく脇の腕をたたんだ時に隠れる場所に等術前しっかりマークしまして手術を行っています。わずか~5mm程度の傷もしっかり場所を選びます。

 

脂肪吸引・豊胸等メインの内容以外にもゲスト様にご満足いただけるよう細かなところまで気を使っております。