先日、通し稽古を観ていただいた伊藤ナツキさんからロミオとジュリエットの感想をいただきました!
是非、読んでみてください!

私がロミオとジュリエットを観て感じたこと。
私がubuntuの出演で感じた『私が私であるために』『愛するという事』が今回のロミジュリにもぎっしり詰め込まれてました。LGBTQって言葉が苦手だったり、目を背けてしまったり…でもこの作品を観れば、そんな差別的な目はなくなるのではないのでしょうか。この作品に生きている役者達はみんな、そのキャラクターを人生を自分自身を愛しています。目を背けてしまっている人たちと何も変わった部分なんてないです。

私はロミオとジュリエットを観て自分自身の事がもっと好きになりました。ubuntuの皆さんが、あんなに自分を愛して役に向き合って生きているのをみたら私ももっと自分を信じて愛してみようって思います。
これからロミジュリを観る方も見終わった後には、自分の事・自分の事を愛してくれる人をもっと愛せると思います。
私が私である為に、私は今日も自分を愛します。

THEATER UBUNTU『ロミオとジュリエット』が沢山の人から愛されますように…。

伊藤ナツキ





THEATRE UBUNTU 第二回公演

ロミオとジュリエット


ウィリアム・シェイクスピア

制作 塚本麻奈

演出 岡田匡平

舞台監督・美術 宮島一規(劇団往来)

音響 谷井貞仁(ステージオフィス)

照明 小西遥(CAT

衣装 丸井茜

作曲 久田菜美

作詞 和田一詩


キャスト


ロミオ

A小林 あずみ(AReA63

B岩田 レイ


ジュリエット

A後藤

B尾谷 響香


モンタギュー・パリス

A花咲 まこと(横田 将彦)

B押田 朋也


モンタギューの妻

A白井 更紗

B 佐和子


キャピュレット

A押田 朋也

B花咲 まこと(横田 将彦)


キャピュレットの妻

A 佐和子

B白井 更紗


ベンヴォーリオ

葉月 娃伊


ティボルト

町田 佳織


マキューシオ

Aムトコウヨウ(劇想からまわりえっちゃん)

B市村 和樹(アクトフェスプロダクション)


ロレンス

A市村 和樹(アクトフェスプロダクション)

Bムトコウヨウ(劇想からまわりえっちゃん)


乳母

A広瀬 ルナ(AReA63

B山本 遥加


エスカラス(召使・薬屋・小姓)

A山本 遥加

B広瀬 ルナ(AReA63


ロザライン(夜警)

A尾谷 響香

B後藤


ジョン

A岩田 レイ

B小林 あずみ(AReA63



場所 日暮里d倉庫


日時

20195


22日(水)

A 19時開演

23日(木)

B 19時開演

24日(金)

A 14時開演

B 1830分開演

25日(土)

B 13時開演

A 1730分開演

26日(日)

A 13時開演

B 1730分開演


いずれも開場は開演の30分前から

上演時間120分予定


チケット料金

一般5000

 U25 4000

カップル割(性別不問・同公演二枚以上購入)1 4000

最前席 3000円(予約不可、当日のみ発売 非常に観にくいお席で足腰首に負担がかかります)


チケット予約フォーム

http://u0u0.net/RP99


カンフェティ(カップル割の取り扱いがありません、ご注意ください)

https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=52097&



【注意とご案内】

本公演は台本・および演出の都合により以下の表現を含みます


同性愛・性行為・暴力・薬物の使用・無自覚な性差別


細心の注意を払っておりますが、それらが観劇に際して心身の健康を害する可能性がございます

心配な方は観劇を控えるか、信頼のできる大人と一緒に観劇することをお勧めいたします

なお、当公演において起こるいかなる心身の健康被害に関しまして我々は責任をおいかねますのでご理解ください


なお、劇中で使用する薬物やナイフは本物に見えるかも知れませんが偽物です

ご安心ください