仙台シアターラボ三都市ツアー 特別な芸術 | 仙台シアターラボブログ

仙台シアターラボブログ

仙台市を中心に活動する演劇集団 仙台シアターラボのブログ


テーマ:

「打ちおろすハンマーのリズムを聞け。

あのリズムが存在する限り、芸術は永遠に滅びないであろう。」

 

 芥川龍之介は文学から文学を生み出す作家だった。そして現在、私たちは様々な芸術作品を見て、影響を受け、作品を創り出す。「生活から芸術」ではなく、「芸術から芸術」を作り出し、生活が侵されていく感覚がある。現在の芸術家は多くの天才と、多くの超一流の芸術に触れることで、自分の芸術を信じきれなくなっていくことがある。芥川もその一人である、彼は芸術を信じたのではなく、信じたかったのだ、我々のように。

「その凄まじい空中の花火だけは、命と取り替えても捕まえたかった」と考えた作家は誰よりも人生の花火から遠い地点に立っている人間であった。

 芸術家には自分の中の芸術が無くならないように、己で励まし、潰れないようにメンテナンスしながら進化していくことが必要である。そのことを芥川は身をもって証明している。

 

 

「地方都市で、芸術至上主義を謳う」

 

 今作は、生活と演劇の相克を描いている。地方で生きる芸術家そのものを地方都市として考え、全体を考えて生きるあまり「本当のこと」がなくなっていくことを止められない様を描く。

 外側を見続けるあまり、自分の中の「本当のこと」がなくなっていくということは、己の内側を見つめることが必要だということである。

 都市を見つめることは己の外側を見つめることではない、国を見つめることも、己の外側を見つめることではない。何よりも自分の内側で鳴り続ける音を聞くこと、その音が鳴り続ける限り、芸術は永遠に亡びないのだから。

 今こそ、地方都市から発進する芸術が必要な時である。

 本作では、芸術とは個人の内側から鳴り続ける音を聞くことだと定義し、その必要性を謳い上げる。

 

theatrelaboさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.