ご無沙汰しております。類家です。
公演初日がもう目の前に迫ってきましたね。
チケットのご予約はお済みでしょうか?まだまだご予約受付中です。

ということで、今回のブログはみなさんお待ちかねのキャスト紹介をお送りいたします。
キャストの皆さんには事前にアンケートにお答えしていただきました。
そのアンケートの回答内容と稽古中の様子を元に類家による独断と偏見にまみれたキャスト紹介を行なっていきます。

アンケートの内容は以下の5問です。Q5は質問ではないですね。

 

キャストアンケート
Q1, 好きな食べ物は?
Q2, 今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
Q3, 本公演の見どころを教えてください。
Q4, 廃校行ったらなにする?
Q5, 皆さんにメッセージをお願いします。

 

それでは張り切っていきましょう。
キャスト紹介スタートです。

 

* * *

内海 詩野

まず最初はこの方、おっさんの魂と少女の情熱が同居する女優 内海詩野さんです。

 

 

キャストアンケート


1.好きな食べ物は?
米、酒、タピオカ


2.今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
購入出来るものとしての紹介なら、如月小春さんの『家、世の果ての……」

3.本公演の見どころを教えてください。
色んなお味が楽しめる!はず!でも、どれも不思議味!

4.廃校行ったらなにする?
24時間耐久鬼ごっことか、大人数ドロケイしたい。怖そう!大人である事を忘れたい。

5.お客様にメッセージをお願いします。
色とりどりな詰め合わせをお届けします!お気に入りを見つけて頂けたら幸いです。
 

 

紹介文
いつもお洒落な服装で稽古場に現れる内海さん。好きな食べ物が穀物ばかりというのがなんとも言えないですね。心にグッときました。タピオカは今の流行りに乗って書いたのかどうかも気になるところです。
飲みに行けばメガサイズのハイボール片手にテーブルをペチペチ叩きながら海賊のように笑っています。
しかし稽古場では一転、少女のような曇りなき眼で全身全霊演劇と向き合っています。仕事と遊びをしっかり切り替えるThe出来る大人。見習っていきたいところです。
本公演では内海さんのお答え通りいろいろな味が楽しめる公演になることはもちろんのこと、内海さんの様々なキャラクターや演技をお楽しみいただけると思います。
あの内海さんがあんなことやこんなことを、、、
ファン必見!!これからファンになる方も必見!!
お気に入りの内海さんを見つけよう!! 

 

 

* * *

乙津 香里

お次はコミュニケのミステリアス担当こと乙津香里さんです。

 

 

キャストアンケート

1.好きな食べ物は?
とうふとパンナコッタ

2.今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
前田司郎『おやすまなさい』

3.本公演の見どころを教えてください。
5つの戯曲を冷静にとらえた演出です!

4.廃校行ったらなにする?
考えてみてたけどこわくなってきました。
階段上ったら下りれないとか。廊下が永遠におわらないとか。

5.お客様にメッセージをお願いします。
5作品とも作家の個性にあふれてますので、立ち上げる際にはいろいろな角度からトライし、役者の身体のつかいかたも様々になってます!
お客様にとっても、それぞれの方の感性に響くものに出会えるような作品にしたいな、とおもいながら尽力します!!

 

 

紹介文
コミュニケの座組は稽古終わりによく飲みにいきます。そこで乙津さんはおっとりしてそうな見た目、そしておっとりとした語調でおじさん達にバシバシツッコミを入れてきます。「こりゃあ一本取られたな」という顔でおじさん達は渇いた笑いと共にお酒が進みます。楽しい飲み会です。(今回のコミュニケのスタッフはおじさんが多いです)
一方女性陣とはキャッキャウフフと華やかな女子大生のような空気感を醸し出します。そして良きところでボケもかまします。
多彩な彼女は男女問わず好かれるいわばコミュニケのアイドル的な存在です。
いえ、魔性の女かもしれません。
きっと皆さんも虜になるはず、、、

 

 

* * *

川口 龍

3人目は演劇界のターミネーターこと川口龍さんです。

 

 

キャストアンケート

1.好きな食べ物は?
ラーメンの後の納豆ごはん。

2.今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
『夜の影-優しい怪談』
渡辺えりさんの戯曲が好きで、その中でも特に好きなのが20代に書かれたこの作品。詩的な台詞の数々、「昭和三十年代の法事」とクールベをモチーフにした陽気な「画家のアトリエ」を行き交う奔放さ、過激な劇構成、同じ20代の時に読んでブッたまげました。

3.本公演の見どころを教えてください。
演出家の仕事。
全く違う作風の5人の作家が本当に好き勝手に書いた5本の戯曲をひとつの公演作品にするのは大変だろうな……と稽古場でいつも思ってます。

4.廃校行ったらなにする?
屋上に行けるか確認する。

5.お客様にメッセージをお願いします。
短編5本通して「ひとつの公演」ですが、そうは言っても好き嫌いはあると思います。是非、観劇後には好きな作品ランキングを教えてください(笑)

 

 

紹介文
川口さんはターミネーターといっても機械のような人間という意味ではございません。そしてシュワちゃんの演じる「T-800」でもございません。ターミネーター2に登場する「T-1000」、液体金属のターミネーターです。
ちょっと何を言ってるのかわからないという方も安心してください。ご説明いたします。
まず、川口さんは真面目で実直、そしてフィジカルが強いです。それだけ聞くとどっちかっていうとT-800っぽいですが、川口さんのすごいところはここからです。
アクション、リアクション、ボケ、ツッコミ、モノローグ、ダイアローグその他諸々様々な演技のバラエティが豊富です。シリアスシーン、コメディシーンも分け隔て無く演じ切る柔軟さはまさに液体金属のごとし!
演技をする人間の面白さを劇場で感じたい方は是非川口さんに注目してみてください。

 

 

* * *

小磯 一斉

後半戦4人目は「酒があるところに彼はいる。」小磯一斉さんです。

 

 

キャストアンケート

1.好きな食べ物は?
麻婆豆腐(激辛)

2.今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
矢代静一「七本の色鉛筆」

3.本公演の見どころを教えてください。
世の中頭のおかしい人(褒め言葉)がこんなにいるんだってところ。

4.廃校行ったらなにする?
用務員室で酒を飲む。

5.お客様にメッセージをお願いします。
ご来場本当にありがとうございます。あまりにも毛色の違った作品たちで頭がグルグルすると思いますが、そんな感じを楽しんでいただけると幸いです。

 

 

紹介文
もうお気付きかとは思いますが、今回のコミュニケのメンバーはお酒好きの方が多いです。小磯さんはその中でも群を抜いてお酒好きです。僕は小磯さんを見てるとちょっと心配になるくらいお酒好きです。でもご安心ください。アル中ではありません。
しかし、彼はなぜここまでお酒が好きなのでしょうか、、、?
小磯さんの情緒あふれる演技を観ていると客席が舞台上に引っ張られて行くような感覚を覚えます。演者の集中力が高いので自ずと客席の集中力も上がっていくのです。
そしてとてもいい声!!めっちゃいい声!!シブい!!
小磯さんの情緒あふれる演技を観ながらお酒と演技に酔いしれましょう。(本公演は会場でお酒の販売を行っております。)
また、14日(土)18:00の回は終演後に交流会もございます。
小磯さんと一緒にお酒を飲もう!!

 

 

* * *

小関 悠佳

続きまして5人目はこの方。とにかく元気!そして繊細! 小関悠佳さんです。

 

 

キャストアンケート

1.好きな食べ物は?
いまはさかなのきぶんです

2.今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
『遭難、』(本谷有希子)
『かえるバード』(玉田真也)

3.本公演の見どころを教えてください。
各作家が15分という短さの中でいかに自分のやりたいことを出せるかというバトルロイヤル

4.廃校行ったらなにする?
いすにすわりたい、らくがきしたい

5.お客様にメッセージをお願いします。
各作品を見てどのような感想を持つのか楽しみです、お気軽に来てください、心してお待ちしております

 

 

紹介文
アンケートの回答からも分かる通り小関さんはかなりトガってます。しかも天然でトガってます。トゲトゲです。この公演の見どころをバトルロイヤルと表現する方はおそらく彼女だけでしょう。
そんな小関さんは稽古中ずっと元気です。休憩中も真剣な面持ちで何かを確認している川口さんにも容赦無く絡んでいきます。フレンドリーです。今の若者に必要と言われているコミュニケーション能力が豊富なので小関さんが稽古場にいると稽古場が良い雰囲気になります。とにかく明るい小関です。しかし、過去に演じてきたキャラクターは暗い役が多いとのこと。とにかく明るいだけでは無いのです。繊細な演技も光ります。しかもトガっています。
明るい役と暗い役、大胆さと繊細さ、どちらも素晴らしい小関さんの演技をどうぞお楽しみに。

 

 

* * *

昆野 祐希

最後はこの方「クールビューティーなひょうきん者」昆野祐希さんです。

 

 

1.好きな食べ物は?
チョコレート、カレー、梅干、たまご、チーズ

2.今まで読んだおすすめの(または好きな)戯曲をひとつ紹介してください。
『私に会いに来て』
 韓国映画「殺人の追憶」(監督 ポン・ジュノ)の原作の戯曲。韓国で実際に起こった華城連続殺人事件を元にした作品です……と書いておきながら実は読んだことありません。未読のくせにおすすめしてごめんなさい。映画は見たのですが。
むしろ戯曲があったことを最近知りました。奇しくもコミュニケの本番と同時期に新国立劇場で舞台版を上演するようです。見に行けません。次の機会があればぜひ観劇して映画版との違いを楽しみたいです。
ちなみに映画ではソン・ガンホがとてもとても素晴らしかった。きっと戯曲も面白いだろうということで、ひとつ。

3.本公演の見どころを教えてください。
作家5人の個性と演出家典成さんの知性。

4.廃校行ったらなにする?
黒板にらくがき、写真を撮る

5.お客様にメッセージをお願いします。
記憶にのこる、お芝居を作りたいなと思います。どうぞお楽しみに。

 

 

紹介文
昆野さんは言動、眼光、髪型全てがキレッキレです。
そしてコミュニケメンバー唯一のメガネキャラです。クールです。
いつも物静かに座っています。無駄な言葉は発しません。クールです。
群れるのをあまり好みません。クールです。
稽古中、演出家の典成さんが笑います。昆野さんの演技を観て笑っています。
、、、そうです。普段のクールっぷりからは想像も出来ない程のコメディシーンを披露してくるのです。もちろんクールでビューティーなキャラクターはもちろんのこと、そのコメディシーンでのギャップの振り幅の広さに夢中になること間違いなしです。
 

 

ということで以上、類家による独断と偏見にまみれたキャスト紹介でした!!
何度も言いますが、100%類家の主観による紹介となっております。その点は何卒ご考慮ください。
それではご来場お待ちしております!!

 

類家アキヒコ

 

【公演情報】
演劇設計局コミュニケ#2
『きえるもの、のこるもの、こわれるもの』
~5人の劇作家による短編劇集~

9/12(木)~16(月・祝) 東中野 RAFT
前売・当日 2500円

ご予約(こりっち):https://stage.corich.jp/stage/101625
公式サイト:https://communique.work/

脚本:田中寛人 / 菊池祐児(劇団大学ノート) / 関野翔太(劇団カツコ) / Kaivz(無伴奏Δ組曲) / 早川貴久(MICOSHI COMPLEX)
演出:川口典成(ドナルカ・パッカーン)
出演:内海詩野(演劇集団 壺会 / グッドラックカンパニー) / 乙津香里 / 川口龍 / 小磯一斉(タイムリーオフィス) / 小関悠佳 / 昆野祐希