きえるもの、のこるもの、こわれるもの
〜5人の劇作家による短編劇集〜

 

 

 

演劇設計局コミュニケは2019年9月にRAFT(東京・東中野)にて第2回公演「きえるもの、のこるもの、こわれるもの〜5人の劇作家による短編劇集〜」を上演します。

 

年始の企画の立ち上げからおよそ8ヶ月。これまでブログを通してお伝えしてきた「劇作のプロセス」がいよいよカタチになってみなさまの前にあらわれます。
ぜひ劇場に足を運んで確かめてみてください。

 

作品・あらすじ

キャスト・スタッフ

公演概要・ご予約

 

●―○―●―○―●―○―●

作品・あらすじ

田中 寛人(演劇設計局コミュニケ)

さよならは夜明け前に
黒板をめぐりすれ違う二組の男女。
生と死、過去と未来、交錯する二つの会話の物語。

 

菊池 祐児(劇団大学ノート)

たまたまあはれ

「たまたま生まれて必然を遺す」 
小学生がサイコロを転がす話です。

関野 翔太(劇団カツコ)

灯り

今日思い出したあの夜は、明日もう一度生まれる。
ある夫婦の明日の前日譚。

 

kaivz(無伴奏Δ組曲)

F

任務を遂行せよ。ただし、「想像しない」でだ。
光と音だけを頼りに侵攻する兵士の世界。

 

早川 貴久(MICOSHI COMPLEX)

上演禁止シリーズ②「人生の楽園」

ある事情で上演禁止になった作品を再構成して上演するシリーズの第2弾。

 

●―○―●―○―●―○―●

キャスト・スタッフ

出演
内海詩野(演劇集団壺会/グッドラックカンパニー)
乙津香里
川口龍
小磯一斉(タイムリーオフィス)
小関悠佳
昆野祐希

 

演出
川口 典成(ドナルカ・パッカーン)

 

舞台監督:吉田 雅人
音響:鎌内 聡
宣伝美術:金倉ひだり(CVP)
プロデューサー:類家 アキヒコ(劇団カツコ)
製作:演劇設計局コミュニケ

 

●―○―●―○―●―○―●

公演概要・チケット

公演日程
2019/09/12 (木) ~ 2019/09/16 (月・祝)

 

会場
RAFT
JR線・大江戸線  東中野駅 西口 徒歩13分
丸の内線・大江戸線  中野坂上駅 A2出口 徒歩10分
http://raftweb.info/

 

タイムテーブル
9/12(木) 19:30
9/13(金) 15:00☆ / 19:30
9/14(土) 14:00 / 18:00
9/15(日) 15:00☆ / 19:30
9/16(月・祝) 15:00
※13日15:00、15日15:00の回は終演後アフターイベントあり
※14日18:00の回終演後スタッフ・キャスト・お客様交えての交流会予定(参加費1000円、多少の飲食物のご用意あります。)

 

料金

前売り・当日共に 2,500円
台本付きチケット 3,300円 (予約販売のみ)

 

チケットご予約(CoRich舞台芸術!)
https://ticket.corich.jp/apply/101625/

 

コミュニケ公式サイト    
https://communique.work/

 

●―○―●―○―●―○―●

 

当日、劇場でお会いできたら嬉しいです。

みなさまのご来場をお待ちしております。