{D66E2721-DD0F-49D4-BA1D-253794EAB63C}



発売以来、ものすごくユーザーが増えているジリオンSV TWシリーズビックリマーク





その名の通り、高剛性が売りのジリオンシリーズにG1ジュラルミン製のSVスプール(34mmにダウン)とTWSを搭載した上、少しコンパクトになったリールです。




{83FD5ED7-401C-425B-AC34-140A622CDCF5}
  DAIWA HPより拝借





僕自身もSVスプール+エアブレーキ、そしてTWSの有効性はすぐに各々実感できましたので、お財布と相談しつつ現在XXHLを一台導入しています。






比較的リーズナブルな価格というのも良いですね音譜






そしてすぐに成績として反映され、手返しと精度が重要視される旧吉野川でのシャローゲームでアドバンテージを得られ、強者揃いのJBⅡ四国シリーズで上位入賞を果たすことが出来ました。





{89D7569D-31E8-4459-AB23-CC5D746E59F8}




{A0BA2BCF-14C2-4773-A6E2-CC04AE487ABB}

エクスカージョン72H + 16lbフロロ + 5/16oz TX







しかし、ジリオンSV TWの有効性を感じて導入しているのは僕だけではなく、西日本の強者が集うバスプロ選手権をはじめ、ローカル最大規模のGFFOでも多くの選手が導入してデッキの上に並べていたのも事実ですびっくり






そんなジリオンSV TWを個人的に気にいって合わせているロッドですが、








リール自体にガチッとした剛性感があり、今時の軽量リールと比較するとやや重量があるので、個人的には比較的パワーのあるMH〜Hクラスのロッドの方が相性が良いと感じていますグッド!





{BA5B7DCC-5E14-49AE-B007-07BE5F0C7A00}



個人的にお気に入りのセッティングはストラーダレッドモデルのKSR-C71HRSTとのセット、ラインはデッドオアアライブの16lbがスタンダードです。







71Hの特徴はなんといってもヘビーロッドにしてソリッドティップを採用しているところ❗️






これによりヘビーロッドではズバ抜けた操作性と情報量が得られ、キャスト時にウエイトが乗せやすいので従来より軽量なリグをストレスなくキャスト出来ます






それに加えてSVスプールとTWSの相乗効果により、ストレスなく軽量方向へタックルの守備範囲を広げる事が可能ですウシシ







つまり、






今まで5/16oz(8.8g)〜のテキサスリグを用いていたセッティングだと仮定するならば、今まで投げづらかった1/4oz(7g)のテキサスリグもストレスなく同じタックルで投げられるようになります。






ワームの自重やラインの太さのバランスで1/4oz(7g)〜のセッティングになっている場合でしたら、3/16oz(5g)クラスでもストレスなく対応出来るという事です。






より太いラインで軽いルアーが扱えるということはかなりのアドバンテージだという事、






分かる方には分かって頂けるかと思います照れ







ラインスラッグの重さによるアクションの変化も見逃せないところですねビックリマーク






その他にもストラーダブルーのKSBU-C71MH+RXKS-HDC610MH-H、ストラーダゴールドのKS-C611HX、エクスカージョンのKE-C72Hあたりはオススメですウインク






よろしければ、試して見てくださいチョキ










ブログ引越しました。宜しければ遊びに来てみて下さい。