スイカップ

テーマ:
“スイカップ”のアナウンサーについて超短編を書こうかと思ってましたが
かなりの眠気まなこなので、持ち越します。

昨日は帰れませんでした。かなりきつめのスケジュールで
いま制作中。上司に至っては徹夜三日目(三徹)です。
ひげ濃いです。髪、脂ぎってます。
何だか、みんな、楽しくなってきたようです。
つか、おかしくなってきたようです。
目を真っ赤にして、ウサギがたくさんです。
寂しいと死んじゃう死んじゃう。

今朝、知り合いのお姉さん(教育テレビで英語のお姉さんでもあった)
が亡くなったのを知りました。とてもきれいな発音をする人でした。
支離滅裂ですが、哀悼を捧げます。

ビワの味

テーマ:
長崎県大村市立玖島中(石丸菊弘校長)で昨年12月、校内で2年生の男子生徒(14)が先端を削ったドライバーで吹き矢遊びをし、同級生の女子生徒(14)の右ほおを貫通させて20日間のけがを負わせたことが、22日までに分かった。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/education/?1109038686


---------------------------------------------------

僕はドライバーの先端を、とても鋭く尖らせた。
どんなに硬いものでも貫通させられるくらいに、だ。
それを矢として、吹き矢遊びをしている。

ヒュイ、ヒュイ。
自分でつくった的をめがけて遊んでいたら、
隣で座っている彼女がつぶやく。

「あのビワを落としてよ」
「小さすぎるよ」
「大きいと標的にならないでしょ」

木に少しだけなっているオレンジ色の果実めがけて、
僕は懸命に矢を吹く。
ヒュイ、ヒュイ。
何度もはずしたあと、ぐちゃちゃになった
ビワがようやくぼとりと落ちた。それを拾いにいって
彼女に渡した。

「こんなになっちゃったけど」

彼女はなにも言わず、ビワを頬張った。
ビワを含んだ彼女の頬に涙が伝う。

「やっぱり、まだおいしくなかったね」

---------------------------------------------------


きっと涙は出ないだろうけれど。
きっと涙が出るほどうれしくなるはず。

できれば、貫くのは、彼女への想いであってほしかったです。

ワラビー捕物帖

テーマ:
埼玉県東松山市の「県こども動物自然公園」から今月十二日に“脱走”した小型カンガルーでメスのワラビーが二十日朝、同園から約二キロ離れた「市民の森」で見つかり、大捕物の末に無事保護された。ワラビーはおなかの袋に昨年十二月に生まれた赤ちゃんがいたが、獣医師の診察を受けた結果、母子ともに元気。同園の園田善広副園長は「雑草や木の葉を食べていたらしく、無事保護できてほっとしている」と話した。


ワラビー脱走。それだけでなんだか楽しそう。
もちろん、近隣の人たちは恐かったり、迷惑だろうけれど。

ぴょーんと柵なんか乗り越えて、
ぴょーんと川なんかにザブンと入って水浴びして
ごくごくと水を親子で飲んで、
ざっぱーんと陸に上がって、
気づいたら、人間に囲まれてて。

脱走っていわれても、
もともとは人間が捕獲したんじゃんか。
なんて、ブツブツ言ってたりして。

できれば、もう少し足を伸ばして
脱走劇を続けてもらいたかったです。

「ねえあれ、脱走ワラビーじゃない?」
「ん?あ、ほんとだ。こんなとこまで逃げてきたのか」
「すごいね」
「うん」
「晩ご飯、なんにする?」
「中華丼がいいなあ」

なかなか良い風景じゃないですか?
なかなか、そうはいかないけれど。

イントロ・ドン

テーマ:
最近のケータイは、超便利になっています。

検索サイトgooのケータイ版、「モバイルgoo」という
検索サイトがあります。

ここのサービスに、「あて!?メロ」なるものが。
それは、知らない、あるいは忘れた曲をケータイに聴かせると、
曲名とアーティスト名が教えてくれるというのです。

歳をとるほど、あーこの曲アレアレ、などと
絶対に出てくることのない答えを探し続けるものですが、
このサービスはまあ便利。
現在、無料で利用できるとのこと。

ケータイで何でもできちゃうのですね。

うれしくって、すこしこわい。

http://mobile.goo.ne.jp/


あ、やけに更新してますが、
ヒマなワケじゃもちろんないです。
でも、コピーライターって
けっこう場所を選ばないものなんですハイ。

小泉首相、プチ整形

テーマ:
というと、ビツクリします。

これは、整形大国、韓国のお話。
大統領は「盧武鉉(ノムヒョン)」という人ですが、
今回、プチ整形を行ったとのこと。
二重まぶたにしたようです。

しかも、今回が初体験ではなくて、
なんと二回目。一回目は額のシワとり。

もちろん大統領だから、という理由で
整形しちゃいけないわけではないんだけれど、
一国の代表が、いきなりパッチリされても困りますよね。
外交相手も、
「あれ、整形したの?いいねー。俺も鼻高くしようかなー」
なんて、言えるわけないし。でも、気になるだろうし。

ともあれ、整形が広く容認されているお隣の国。
韓流が人気ですが、そう思うと、ひとえに
感傷に浸れなくなってくるようです。

カムサハムニダ。

アイデアのつくり方

テーマ:
アイデアのつくり方

という本があります。
この本は、僕がコピーライターになる前に読んだ本です。

モノゴトを考える際に、とても参考になります。
つまり、方法(過程)についてで、読んだらポンポン出てきますよー的な
本ではありません。

ぼくは今、広告制作者のことを「クリエイティブ」と
呼ぶことに少し違和感をもっていますが、
DDBの作品とかを見ると、うーむ。と唸ってしまいます。
やっぱり、個性とか出てきちゃうもんね。
新米のくせに、ジレンマジレンマ。

薄い本なので、広告関係者でなくても、あっさり読めると思います。

機会をつくって、ドーゾ。

みんなのでんわ。

テーマ:
公衆電話の姿が消えている。携帯電話の普及で利用者がめっきり減り、撤去が進んでいるためだ。防災面から撤去に慎重な声も聞かれるが、その公衆電話の跡地はパソコン利用者に開放されたり、喫煙ブースになるなど、時代に即した姿に生まれ変わっている。

そうそう、公衆電話って最近見かけなくなりました。
ケータイの普及に伴ってのことなんでしょうが、
防災面とかで完全には姿を消さないらしいですね。

僕はけっこう公衆電話を利用するタイプなので
あまりなくなると困るんです。じっと路頭に立っていて
使ってくれる人を待っている。なんか健気じゃありませんか。
しかも最近はIC電話とかいうのが台頭してきて、
あれはなんだかちょっとねー。

待ち合わせもケータイのおかげですれ違わなくなったけれど。
味気ないといえば味気ないものだとは思いませんか?


便利って、新たな不便も生み出すものなんですね。

まいりました

テーマ:
しあわせに、なりたいけど、がんばりたくない。


忌野清志郎さんです。

オーマイ。
とんでもない歌詞です。
だって、ほんとうのことだから。
がんばらずに幸せになりたいですよね、誰だって。
もちろん、がんばったから幸せを感じるのかも知れないけれど。

とにかく、

ほんとうのことは、とても強いのですね。

と思ったわけです。つれづれに。

トン、トン、トン

テーマ:
東京都内のアパートで突然、脳梗塞(こうそく)を
発症し、声がでなくなった男性(57)から119番通報を
受けた東京消防庁の職員(39)が、機転を利かせてアパート
を割り出して、男性を救出した。男性の命をつないだのは、
モールス信号ならぬ、受話器をたたく「トン、トン、トン」
という音だった。東京消防庁には救急車を求める119番
通報が1日約1900件あるが、職員は「無言の叫び」を
聞き逃さなかった。



というニュース。

こういったちょっといいニュース、最近増えてませんか?
受験生を乗せた新幹線が止まったり。

みんな、あったかさを求めてるのかもしれませんね。いいかげんに。
ちょっといいニュースは、ちょっと信じてあげた人たちのニュース
なのかもしれません。

信じるってことは希薄になっています。
楽しけりゃいーじゃん、下手に信じると傷つくじゃん、みたいな。
でもみんな、逆に求めてもいるようです。
信じられる何かを。

断言しちゃいますか。
信じない人は、信じる人には、勝てません。
それは夢だったり、人だったり、愛だったり。
もちろん、神とかそんな大きなレベルの発言ではありませんので。

しかし英断でしたねー。「トントントン」でね。
推測できることってのは、なかなか難しいことですハイ。

2005-02-18

テーマ:
ミス弥富金魚・ミス弥富コンテストの応募状況が低調だ。
「やとみ春まつり実行委員会」などが主催し三月五日に審査予定だが、
応募者は十七日現在で、まだ一人。事務局は気をもんでいる。


というニュース。いいですね、なかなか。

大学のミスコンなどは大いに盛況みたいですが、
弥富町はピンチです。
「事務局は気をもんでいる」ところがまた、いいですね。
応募者もまだ一人。。この娘がもうひとつだから「気をもんでいる」
のかと、いじわるに思ったりもします(笑)

とにかく、

がんばれ、ミス弥富候補!
「ミス弥富」。この称号は、勇気ある君にしか似合いません。


メディアから暗いニュースばかり流すと、
世の中にかなり反映されるそうです。
つまり、あかるいニュースを増やしていけば
世の中も明るくなるのです。

ムズカシク考えないことが、いいのかもしれませんねー。