美容師じゃない私がなぜ処理剤を語るのか | 名古屋市北区如意の小さな貸切り個室美容室●安心安全&ダメージ軽減ヘアカラー●HairSalon the LITTLE GLAMP【リトルグランプ】

名古屋市北区如意の小さな貸切り個室美容室●安心安全&ダメージ軽減ヘアカラー●HairSalon the LITTLE GLAMP【リトルグランプ】

ヘアーサロン リトルグランプ【完全予約制】
●当店オリジナルレシピの高明度白髪染め
●後頭部ふんわり大人ショート
●収まり重視のコンサバボブ
●フェード・刈り上げの最新メンズカット

こんにちは!名古屋市北区如意にある小さな貸切り美容室

ヘアーサロン リトルグランプの木本みよ子ですちゅー

 

 

 

リトルグランプのメニューは

すべてコースメニューになっていますメモ

 

 

 

カットとカラーをご希望の場合は

 

カットとカラーとトリートメント、

それから

その施術を助ける処理剤、

流しのお湯の炭酸泉はマストアイテム。

 

基本的なメニューはコースに含まれています。

 

 

トリートメントや”処理剤”を使用しなくても

髪は染まりますが、傷みます。

 

 

リトルグランプで一番多い

30代〜40代からの女性の髪は

徐々に髪の構造が弱くなっているので

 

カラーをする前後に下ごしらえ(処理)をしてあげないと

本当にボロボロになっていってしまいますよ。

 

一度ボロボロになると

そこから自力で回復できませんので

ここだけは覚えておいて欲しいと思います。

 

 

 

 

毎日のご飯を作る私にとって

 

”処理剤"といわれるお薬たちは

調味料にとても似ています。

 

 

 

 

お手伝いしながら見ていて

美容師さんのお仕事には

お料理と共通点が多いと感じることが沢山あります。

 

 

 

あくまで私個人の感想ですが

 

超職人美容師の店長が

仕事に強いこだわりもっていることを

美容師ではない私が正しく理解するのは

本当に難しいことなのです。

 

誤解も生まれます。

 

 

 

そんな時、自分はお料理を通じて

店長のやろうとしている情熱を理解していました。

 

処理剤と呼ばれるお薬は

具材となる毛髪に対して

適切に処理するための大切なお薬です。

 

 

あくまでリトルグランプの場合は

処理剤にとってもこだわるタイプです。

 

 

 

 

皆様はふだん調味料を選ぶ時に

メーカーや原材料や原料の産地を気にしますか?

 

出来るだけ身体にいいもの、

安心安全なものを

食べてくれる人のためにも探したい。

 

そういう想いってありますよね。

作る人の愛ですよ。

 

 

 

 

火にかければ

具材を煮たり焼いたりは、出来る。

 

けど塩やダシを効かせたほうが

断然に美味しい!

 

そして塩はこんな塩がいい!

ダシはこんなダシがいい!

醤油を入れるタイミングはここ!

砂糖を先に入れると焦げるよ!

 

と、ご飯を作る時の

お料理のあの感覚がまさに、

 

処理剤を使用する際の

具材=髪を見極めながら

施術を進めていく感覚に共通している所がある。

 

 

調味料がないと美味しいお料理はできません。

だから処理剤ってとっっても大事です。

でもこの処理剤に対する考えは

美容室によってちがいます。

 

 

 

 

 

ただ、カラーするだけ、はしない。

傷むのを知っているから。

 

 

そういう理由でリトルグランプのメニューは

髪をキレイに染めたい人のための

コースメニューになっていますちゅーメモ

 

 

 

 

 

下矢印最新の大切なお知らせ下矢印

 

 

ベルご新規様ご予約は現在、

平日のみご案内させて頂いております

 

 

ベルマンツーマン対応のため

ご予約のお時間に遅れられますと

予定の施術を行えない場合がございます。

施術内容が変更になった際は

ご予約内容どおりの施術料金が発生いたします。

予めご了承くださいお願い

 

 

【ヘアーサロン リトルグランプ】

 

ハサミ完全予約制ハサミ

1日3〜4名様のご案内

公式ホームページはこちら

下矢印

the LITTLE GLAMP HomePage    

 

下矢印お問合せ&ご予約下矢印

電話お電話電話

 

*ブログを見て、とお伝え下さい*

*店長か受付のどちらかが出ます*

052-898-8735

 

 

携帯LINE@携帯

*サロンからの情報をお届けしています*

毎月1日ニュースレターデジタル版を

配信しています

 

友だち追加