こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

性教育って

学校で教えてくれるでしょ?

 

とか

 

外注出来ないの?
 

 

 

 

そう思う方は

多くいらっしゃいます。

 

 

残念ながら

誰にも任せられないんです。

 

 

 

でも

じゃあどう伝えていいかわかりません!

 

 

そんな声もよく聞きます。

 

 

教えられないのは

当然のこと。

 

 

私たちは

性教育を学んでいないから

仕方ないのです。

 

 

一体どんなことを

どうやって

伝えていいかわかっていません。

 

 

 

闇雲に必要なことを

伝えていっただけでは

 

 

子ども達の心が

全く育たないまま

性教育をしていくことになります。

 

 

 

子ども達の心が

育たないということは

 

 

一番大切な

性教育の基盤となる

愛情の部分が

伝わっていないということ。

 

 

 

それでは

どんなに性教育を伝えても

表面的な情報だけを

得ているのと同じなんです。

 

 

 

大切なことは

命の大切さを

 

自分が産み出された原点を知り、

 

 

自分が生まれてきたことが

素晴らしい!

 

そして、

大好きになることから

始まります。

 

 

 

それを

日々繰り返し

何度も伝えていくんです。

 

 

 

そのベースがあってこその

性教育!

 

 

 

そんなお話を連日出来るのは

子ども達にとって一番身近な大人

 

お母さんなんです!

 

 
だから
性教育は
お母さんがわが子に伝えていく
ものなのです。
 
 
学校で教えることにも
限界があり、
 
一切外注出来ないものなのです。
 
 
 
 

 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

性教育が気になっていて、

 

でも

なかなかその1歩を

踏み出せない方の中に

 

 

 

「大事なことは

わかっているんだけど、

 

じゃあ何から始めていいかが

わかりません」

 

 

そんなママは

結構多いんです。

 

 

 

大事な事ってわかっているのに

子どもに何もしてあげられない

 

そんなもどかしさ。

 

 

うんうん、 

よくわかります。

 

 

 

そう、

私たち親世代も

「性教育」は学んでこなかったので、

 

 

伝え方や

始め方がわからないのは

仕方がないことなのです。

 

 

 

性教育が

学校の教科だとしたら

 
理科を学んだことがないのに
お子さんに
生物の話や
電気の話など
出来ませんよね。
 
 
それと同じです。
 
 
 
性教育だって
学んでいなければ
どう伝えていいかが
わからないのは
当然のこと!
 
 
 
性教育にも
伝える順番があるんです。
 
 
 
パンツの教室では
どんなママだって
お家で性教育が出来るようになる
方法をお伝えしています。
 
 
 
だから本を読んでも
独学で学んでも
 
イマイチわからない
しっくりこない、
のは仕方がないんです。
 
 
 
初めの1歩を踏み出したいなら
パンツの教室の体験会がおススメです。
 
無料のメルマガでも
日々性教育を配信しています。
 
読むだけでも
掴めることがあると思いますので
是非ご登録してみて下さいね。
 
 
インスタグラムも配信中です!
 
 
 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

 

性教育無料メルマガはこちらわが家の0才からの性教育を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

今日はこの夏

ママにもお子さんにもピッタリ!

 

夏の無料イベントを

ご紹介いたします。

 

 

どなたでも

ご参加いただけるチアリングフェスタ!

 

全91ブースもあって、

気になるブースは上限なく申し込み可能です。

 

 

抽選で本までプレゼントあり!!

これはお申込みしないなんて

もったいな~い!

▽詳細はこちらから▽

  https://cheering-festa.com/

 

 

実は私も2つブースを開催します。

1つ目はこちら

 

 


レモン実験2つ付き!

ワクワクすることから

子どもたちの学びを刺激します!


自由研究にもピッタリです。

残席わずかです!

 

日程:8月2日(月)12:00~12:40

▼お申し込みはこちら▼

https://system.faymermail.com/forms/4842
 

 

まだあります!

 

 

 

こちらは実験のブース!

ほんとに描いた絵が動き出すんです。

子ども達に大人気間違いなし!!

 

是非遊びに来てくださいね。

満席にて増席中!


日程:7月31日(土)11:00~11:40

▼お申し込みはこちら▼

https://system.faymermail.com/forms/4748

 

 

レモンブースの全貌は

7月31日(金)22時~

Facebookライブで明かされます!

こちらに登録してお待ちくださいね

 

https://www.facebook.com/groups/496838804910118/

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

性教育を学ぶ前の

ママ達の多くは

 

自分のお子さんの為に

学んでおかなきゃ!!

 

 

そう思って講座に駆け込む方が多いのですが、

 

 

 

実は性教育を学んで

一番変わるのはご自身。

ママなのです。

 

 

 

なぜなら

ママだって

性教育を学んでこなかったから、

 

 

 

 

 

命が尊いもの

大切なものだとはわかるけど、

 

 

性教育の本質を知ったら

命の重みは今より10倍くらい

感じるようになります。

 

 

 

 

「あなたが生まれてきてくれて嬉しい」 

 「生まれてきてくれてありがとう」
 
 
 
お子さんに対して
声掛けをするその言葉の意味までが
変わってくる、
 
 
 
そのくらい
性の大切さ
素晴らしさを感じるようになるんです。
 
 
 
ご自身のためでもある
性教育。

 

 

 

一度一緒に学んでみませんか?

 


 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

 わが家には2才2ヶ月の息子がおります。

2才児ってなにもわからないでしょ!

そう赤ちゃん扱いをする方もいますが、

 

 

2才児は

想像以上にわかってる。

 

 

これが私の見解です。

 

 

 

わが家では性教育を始めて

もう1年以上経ちます。

 

 

息子が9か月の頃から

始めています。

 

 

だから家の中では

おちんちんの事も

生理の事も

 

今伝えている言葉は

息子と普通に会話をする生活。

 

 

 

そんなある日

おちんちんを触っていた息子が一言

こう言ってきたのです。

 

 

 

「ちんちん、おおきくなった!」

 

 

 

 

見ると、息子のおちんちんは

かたく大きくなっていました。

 

 

 

 

性の知識が入ってる私は

「ほんとだね、大きくなったね!」

 

 

 

慌てることなく言えましたが、

 

 

 

性教育を学んでいなければ

この状態で

私はどんな言葉をかけたのか、

 

 

 

いや

言葉なんかかけられなく

失笑していたか、

 

もしくは逆に茶化してしまうか、

 

 

どんな対応をしていいか

相当迷っていただろうな・・・・

 

 

そう感じたんです。

 

 

 

正しい性の知識を

身につけておく大切さを

こんな些細な場面でも感じましたよ。

 

 

 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

 今日は七夕ですね。

 

 

 

織姫と彦星のお話、

ご家庭でするのでしょうか。

 

 

 

そんな話から

今日は

 

 

「人を好きになること」

こんな話が出来るのではないでしょうか。

 

 

 

人を好きになるってステキなことなんだよ。

 

胸がキューっとなるんだよ。

 

パパに会った時こんな風に感じたんだよ。

 

パパの好きな所はね・・・

 

 

 

そんな話をすることで

親子で恋の話が出来るようになる

きっかけ作りをするのです。

 

 

 

どんなことでも

親の方からきっかけを作っていく。

 

 

 

環境を作っていくのは

ママやパパです。

 

 

 

何でも話せる親子関係作りの第一歩です。

 

 

 

是非今日は恋バナを

お子さんとしてみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

性教育が必要かどうか。

 

 

それはご自身が決めるもの。

 

私が絶対に必要だと思っていても

必要性を感じなければ

必要ではないのかも知れません。
 
 
 
でも、
その必要性って
一体誰に対しての必要性なのでしょうか。
 
 
 
性教育を学ばずして
大人になった私たちは
性教育がなくても
生きていける、
 
 
そう思うでしょう。
 
 
 
 
でも
本当に性教育を伝えたいのは
あなたのお子さんです。
 
 
 
 
お子さんは
性教育の存在を知りません。
 
 
 
育ってきた環境が全てです。
 
性の言葉が話せない環境で育てば
それが当たり前になり、
 
 
 
性の言葉を家族で話す環境で育てば
それが当たり前になるんです。
 
 
 
性とは命の原点です。
 
 
 
自分がどうやって生まれてきたかを
知ることは
 
 
命の素晴らしさ
命の大切さ
生まれるということ
 
を知ることでもあります。
 
 
 
これらを
子ども達に伝える性教育。
 
 
お子さんにとって
必要性を感じないなんてことは
決してないように思うのです。
 
 
 

 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

性教育無料メルマガはこちらお母さんがわが子に伝える
誰でもできるお家性教育
を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

 

体験会・性教育講座・イベントなどのご案内ご案内はこちらをクリック

 

性教育でお子さんの未来が変わる・・・

親子関係が変わる・・・

 

 

そう思って始める方が

多いのですが、

 

 

 

何が変わるかって

実は自分自身だったりします。

 

 

 

今まで

性産業の性としてしか

捉えられなかった

 

 

 

いやらしい

恥ずかしい

汚らわしい

 

 

 

という考えが一掃され

 

 

 

性は

 

素晴らしい

伝えたい

愛あるもの

 

 

 

そんな風に思えるようになるんです。

 

 

 

 

まるで

今までつかえていた

大きな心のブロックが外れたかのよう。

 

 

 

私たちは

 

正しい性の知識を

学ぶことがなかった

 

 

 

 

ただそれだけなのです。

 

 

 

 

性教育って

命と愛のお話です。

 
 
 
 
お子さんが
みんなお母さんから聞きたいお話なんですよ。
 
 
 

 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

 

性教育無料メルマガはこちらわが家の0才からの性教育を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

「3才から性教育って必要なの?」

 

 

これだけ

世の中が性教育の方向に

目が向いてくるようになっても

 

 

 

まだまだ、

世間では

 

「性教育って本当に必要なの?」

「3才からってほんとなの?」

「早すぎることはないわけ?」

 

 

 

そんな風に思っている方が

とっても多いのです。

 

 

 

体験会に来られるママさんも

ほんとに?

 

 

半信半疑で

聞きに来る方が多く、

 

 

 

体験会を得て

3才からの性教育が

決して早くない、ということを

学んで帰られます。

 

 

 

私たち大人は

学校でも

親からも

 

性教育を学ばずに

生きてきました。

 

 

 

そんな私たちに

どれだけ

性教育の大切さを語ったところで

 

理解するのは

なかなか難しいところはあるかも知れません。

 

 

だからこそ、

性教育にほんの少しでも

「ん?性教育?」

 

 

ピンって感じた方は

体験会を覗いて欲しいのです。

 

 

正しい性の知識を学ぶことが

どれだけ大切なことか、

 

 

感じていただきたいのです。

 

 

 

 

明るく楽しく

性教育を学べる講座は

パンツの教室が

最も得意としているところです。

 

 

 

ぜひ

ご参加くださいね。

 

 

こんにちは

 

お母さんからわが子へ伝える

とにかく明るい性教育パンツの教室

インストラクターの

ささきあゆみです。

 

 

 

性教育無料メルマガはこちらわが家の0才からの性教育を月~金でお届けしています。
週1の土曜日は国際結婚秘話も配信しております。
ご登録はこちらをクリック
ワンクリックですぐに解除ができます。

 

子育てで悩むことなんて

ほとんどなかった私が

 

 

 

最近

急にグッと成長してきた

息子を目の前に

悩み始めました。

 

 

 

悩む・・・

 

 

 

というか、

 

このイライラは

どうしたら収まるのだろう、

 

 

 

 

どうしようもなく

込み上げてくる

 

 

 

コントロールなど

効きようがない怒りに

 

 

 

 

自分自身が悩んでいる、

 

 

 

 

と言った方が正しいのだと思います。

 

 

 

 

 

では

何がそんなに一体

イライラするのか、

 

 

というと、

 

 

 

2才2ヶ月の息子は

食事中にお皿を

全部ひっくり返すのです。

 

 

 

 

時には

1口食べたか食べていないか、

ほとんど手も付けていない

ご飯を

 

 

 

そのまま

床にひっくり返す。

 

 

 

 

と同時に

私の怒りスイッチがガチっと入る。

 

 

 

これ

冷静でいられますか?

 



 

 

 

ひっぱたこうと思ったら

簡単にひっぱたけるのですが、

 

 

 

 

それをして満足するのは

恐らく私だけで

息子はそこから何も学ぶことはない・・・

 

 

 

 

むしら痛みだけが残る。

 

 

 

 

 

そう思いながら

先日同じように

皿をひっくり返した息子に

 

 

 

 

 

私がした唯一の仕打ちは

部屋の電気を全部消して

部屋から出たこと。

 

 

 

 

もちろん暗闇で

安全ベルトに縛られて

イスから身動きが取れない息子は

大泣き。

 

 

 

 

私は洗濯機の上にあるバスタオルに

顔を埋めて

息子の鳴き声を耳にしながら

自分の怒りが収まるのを

しばし待ちました。

 

 

 

 

 

 

「こんなに大好きなのに

子どもが嫌いになる瞬間がある」

 

 

 

 

以前そう聞いたことがあります。

 

 

 

 

今ならわかります。

 

 

 

 

こんなに大好きなのに、

こんなに愛おしいのに、

 

 

 

 

憎たらしい瞬間

あるんです。

 

 

 

 

 

 

こんな日々を過ごしながら、

ふと思いました。

 

 

 

 

一体世の中の母の

何が辛いかって

 

 

 

 

もしかしたら

 

自制心が効かなくなる自分

辛いのではないか・・・

 

 

 

 

そう感じたんですよね。

 

 

 

 

1歩外に出れば

誰かの目がある。

 

 

 

 

だから、

息子が何をしていても

「ママ大変だね」

 

 

 

誰かがそう思ってくれているかも知れない。

誰かの目がある。

私は見られている。

 

 

 

 

そう思うだけで

冷静でいられる自分がいて、

ある程度自制心が働きます。

 

 

 

 

 

キーっとなる私はいないんです。

 

 

 

 

でもね、

子どもと母だけの

他に誰もいない家だと難しい。

 

 

 

 

 

そのイライラの気持ちに

自制が働かないことが

とても苦しいのです。

 

 

 

 

なんで怒ってしまうのだろう・・・

 

 

 

 

そんな自分に落ち込むのです。

 

 

 

 

 

元幼稚園教諭だろうが

母になれば

肩書なんて全く関係ありません。

 

 

 

 

子どもに向き合うのは

肩書のない私。

 

 

 

 

 

ダメだな・・・私。

 

 

 

 

 

なんて思う日も

あります。

 

 

 

 

 

でも、

そんな風に

 

 

自分に

自分の子育てに

自信がなくなってしまう日にこそ、

 

 

 

あの言葉を

息子に

たくさんかけるようにしています。

 

 

 

 

 

「大好きだよ」

「生まれてきてくれてありがとう。」

 

 

 

 

 

息子に言っている様で

それはまるで

自分に言っているかのようです。

 

 

 

 

 

「大丈夫、

あなたは息子のことが大好きなんだから。」

 

 

「生まれてきてくれてありがとうって

思うほど

あなたは息子を愛しているよ。」

 

 

 

 

 

 

子育てに正解を見つけることは

難しいけれど、

 

 

 

 

自分自身で

正解を見つけに行くことはできます。

 

 

 

 

 

正直今の私は

この言葉に頼ることしか出来ないけれど、

 

 

 

正解だったって

思う日が必ず来ると信じて

伝え続けています。