2019シーズン終了 | Tatsuya BLOG

Tatsuya BLOG

藤原立弥 全力ブログ!


過去、これほどまでに放置したことがあっただろうか…

いや、ない。(反語)


どうも、藤原です。

今年もよろしくお願い致します。


年始のご挨拶が、シーズン終了のご挨拶、そして昨シーズン終了のご挨拶ブログ以来の投稿となりました。

改めまして、2019シーズンもたくさんの応援、サポートを頂きまして、ありがとうございました。


ちなみに、ブログが投稿出来なかった理由(言い訳)としては、仕事やプライベートの環境の変化に加え、チームのWEB・SNSの更新を健司さんとともに担当したということも、付け加えておきます。

本日のブログテーマは、
●シーズンの結果
●自分自身の取り組み
●西野さん引退&監督退任
の3本です。


●シーズンの結果

さて、2019シーズンのチームの結果は、以下の通り。

・関東リーグ2019
4位(8勝1分7敗 50得点56失点)

・全日本選手権
東京都決勝大会 4位(敗退)


そして、個人的には、関東リーグで2試合(約60分)出場、6失点。。


チームの結果としては、とても不甲斐ないものになってしまったと思います。

見ている方々、応援してくださる方々にとってももどかしいものだったと思いますし、
我々選手としても、とても苦しい時期を何度も迎えました。

でも、全ては自分達です。


昨シーズンを越える結果を掴みたければ、それを越える努力をしなければいけない。

チームとして、そこにストイックになりきれなければ、このような結果になってしまう。

そう感じました。


●自分自身の取り組み

今シーズンの自分自身の取り組みとしては、以下2点。
①トレーニング、ウォーミングアップをちょこっと見直し
②視覚・コーディネーションに対するアプローチ


①トレーニング、ウォーミングアップをちょこっと見直し
細かくは、需要があれば別の機会に書きますが、具体的にはトレーニング前にもウェイトトレーニングしたり、試合前にもウェイト(は出来ないから自重で)をやるようにしました。

試合週も変わらず。

これはすごく良い体感があって、僕はとても合ってると思いました。


試合週もトレーニングするようになったのは、「ラグビー選手、試合前もめちゃやるやん…」って思ったのもきっかけの一つでした。笑


あとは、下半身と背中のトレーニングを重視したのも、変化と言えば変化でした。


②視覚・コーディネーションに対するアプローチ

シーズン途中、いまいち体の動きに納得が出来ない時期に、トレーナー・石塚くんから、視覚に対してのヒントをもらいました。

正直、こればシーズン中一番の発見と言っても過言ではなくて、そこから動きに対する納得感が大きく変わりました。


★ライフキネティック公認トレーナー・石塚くんの治療院
→北小金の整体・鍼灸治療なら木氣治療室(

そこから、そのポイントをGKコーチ・拓にも伝えて、コミュニケーション取ったり、トレーニングに取り入れてもらったたり。

これは、すごく良かったと思います。

石塚くん&拓には、本当に感謝してます。


●西野さん引退&監督退任

そして最後に、西野さんの存在。

まだ情熱ロンリネスに所属していた2016年2月くらい、かな?(2015シーズン終盤)

僕は、1月に情熱のシーズンを終えていて、次の4月~のシーズンに向けて始動したところ。

その当時リガーレは、全日本選手権全国大会を控えてトレーニングをしていました。


練習にGKがいない、ということで岡野から連絡をもらって(当日に「今日リガーレの練習来れる?」みたいな笑)、参加しました。

西野さんのトレーニングは、目まぐるしく攻守が入れ替わり、早く、とても頭を使い、そして強度の高い物だと感じたことを覚えています。

終わった後、西野さんから「刺激的だっただろ?」と笑いながら声をかけられ、来季も情熱でやるの?と聞かれて、はいと答えました。

それが、僕の去就を気にしてのことだったとは思いません。
もちろん、直接誘われたこともありません。

ただ、このおよそ1年後、僕はリガーレの門を叩くことになります。


この初めて練習に行った次の(2016)シーズンも、誘ってもらって多分5回くらいリガーレの練習に参加しましたが、後にも先にもそれを聞かれたのはその一度です。

でも、それはすごく大きな一言だったと思ってます。

何故って?


だって、デルソーレにいた21歳くらいの時、紅白戦でゴールクリアランスを西野さんの足元につける度に「フットサルやめろ」と言われてましたから。笑


そんな西野さん、僕の入団したいとの意志を伝える熱いメッセージに対して、送ってきたLINEのメッセージは…



シンプルでした。笑


ちなみに、リガーレへの移籍を決断するにあたり、参加したリガーレの練習でサスーンさんから、「熱い気持ちを持ったやつが必要なんだよ。一緒にやろうよ。」って言われた話は、またいつか別の機会で。。



そんな所で、本日は以上です。

また近いうちに更新します。


では、あでぃおーす。