はじめましてビックリマークMama cafe」ファシリテーター 家庭教師歴20年のKです

アドラー心理学をベースとしたコーチングスクール出身。相手のやる気を引き出し勇気づける※pep talker でもあります。毒親育ちガーンだけれど、人を信頼する、愛することができるようになりましたおねがい


※PEP TALKについては

https://ameblo.jp/thankyoufriendsand/entry-12465734245.html



私は子供を生まない選択をしましたニコニコ



毒母と口げんかした時、中学生の私から出てきた言葉。あの時の宣言を守っているつもりです星


私「子育て辛い、アンタを育てるのはこんなに大変、生まなきゃよかったってクドクド子供にこぼして、子供に辛い思いをさせるのが母親なら、私は子供を生まない!!プンプン


母「びっくりそんなこと言うもんじゃないよ…」と



さっきまで大声でぎゃーぎゃー悪態ついてた彼女(母と呼びたくないので、彼女と呼びます)の声のトーンと表情が変わったことにびっくりびっくり



どうやら私は大変なことを言葉にしたらしいぞ、と言う記憶が残っています




その後、運命でしょうか、

なぜか家庭教師という職について気づけば20年。

おかげで、たくさんの親子を家族を見させていただきましたニコニコ



それで教えてもらった事は、



子どもは可能性の塊であり、


望めば何にでもなれる、願いは叶う✨


という事アップ

それと、


大人からの接し方、言葉かけ1つで子供はどんどん変わっていく❣️

(よくも悪くも…)




だから、私は、多くの子供たちが「世の中は優しい。色々あるけれど、生きているって悪くないヒヨコイエローハート」「自分の未来は明るい!!とりあえず大丈夫!」と、本気で信じることができるよう、勇気付けたいのですラブ



無いものにフォーカスするのではなく、

既にできている事に注目して言葉にして

「じゃ、一緒に、〇〇していく?」と相談するだけ

((  コップの中に水が半分しか無い、ではなく、半分有る、と考える、アレですね  ))



それから、

ただただ話をしてもらうおねがい

否定せずに、ただただ聞くだけ

で、子供たちはどんどん伸びていきましたアップ



「先生は何をしてるのですか?息子がこんなに楽しそうに塾に行くなんて!!

((   ありがとうございます。アドラー的に関わっているだけですよ〜ニコニコ  ))



「教室に通うことさえ抵抗があった娘が、少しづつ英語を好きになり、本人も手応えを感じているようです。K先生が娘の心を開いて導いてくれたからと感謝しております」

((  こちらこそ、信頼して預けてくださってありがとうございますおねがい  楽しい時間でした  ))←今年の春卒業した



親御さんからいただいた言葉です。

こういうやりとりがあるから、シンドくても辞めずに家庭教師をしていたのだなぁ…キョロキョロ




そのためにアドラー心理学を学び

そのためにpep talkerになりました

新たに Mama cafe のファシリテーターも始めます



そんな私の初めてのブログです。私がブログを書くなんて驚きですびっくり



special thanks to

MLC伊豆はるかさん

Mama cafe石田勝紀さん

PEP TALK浦上大輔さん

another history宮越大樹さん

pallet羽山 暁子さん他、

アナザーヒストリー/チームフローで関わってくださった皆さま

そしてそして、家庭教師として私を育ててくださったで関わってくださった皆さま


ありがとうございます爆笑ラブラブ



のんびり亀のペースでつづりたいと思います。どうぞ皆様よろしくお願いいたしますあしあと牛カメ



K