タイ移住パタヤライフ52 | それでも俺はタイへ行く

それでも俺はタイへ行く

人生なんて上手くいかなくて当たり前なんだ!
独立して有頂天だった私を襲った億を超える負債。
債権者や海外マフィアにまで追い回されたが
死に物狂いで もがき続けた。
そう 諦めずにもがき続ける事が何よりも大切なのだ。
そして それでも俺はタイへ行く。


テーマ:

image

Pattaya Ninja tour  

Pattayaの全ては忍者にお任せ

 

先日私のブログのファンだという方が

ここパタヤに

お見えになっていました。

 

 

偶然にも私の大好きな

J.K.BARのオーナーの知り合いの方で

 

 

オーナーから

「ソイさん、今何処にいます?」

「ソイさんのファンが

会いたいって言っているんですけど。」

 

 

そんな嬉しい連絡を頂きました。(^O^)

 

 

その時は丁度日本から友人が来ており

お気に入りの忍者で遊んでいました。

 

 

「忍者にいますよ。」

オーナーにはそうメッセージを

送っておきました。

 

 

するとしばらくして

オーナーとその方が来店されたのです。

 

 

その方はKさん。

 

 

私のブログを

初期から愛読して頂いているという

有り難いファンであるという事でした。

 

 

私はただ、自分の趣味でブログを

こうして書いているだけなのですが

 

 

「私はあなたのブログのファンです。」

な~んて言われたら

 

 

やはり舞い上がってしまいます。(^O^)

 

 

Kさんは

私のブログに投稿した写真まで

保存して頂いていたようで

 

 

私の柔術着で載せた時の写真を

見せてくれました。

 

 

物凄く嬉しかったですね。(^O^)

 

 

このブログを書き始めてから

私には沢山のお友達が出来ました。

 

 

嬉しい限りです。

 

 

私は昔から小説を書いてみたいと

そう思っていました。

 

 

読書が大好きで

沢山の本を読むうちに

 

 

一度自分で

書いてみたいと思っていたのです。

 

 

そこでネットの普及により

お目見えしたブログというものに

興味を持ち始めました。

 

 

私の現在のブログのお手本になったのが

何を隠そうSevenさんのブログです。

 

Seven's Thai

 

 

私は彼のブログの魅力に

取りつかれました。

 

 

毎日更新されるのが

本当にとても楽しみでした。

 

 

Sevenさんが語る彼自身の心の声が

私をブログの中に

引き込んでくれました。

 

 

そんな折

Sevenさんのブログに投稿欄があったので

 

 

最初はちょっとした

投稿をさせて頂きました。

 

 

このきっかけが無ければ

私は今日のように

ブログは書いていなかったかもしれません。

 

 

その時は自分のタイでの

思い出話を簡潔にまとめて

投稿させて頂いていました。

 

 

投稿しているうちに

同じブログ読者の方から

 

 

「いや~面白いですね。」

そのようなコメントを頂けました。

 

 

それが現在でも繋がりのある

光さんです。

お元気でしょうか?

 

 

Sevenさんからも投稿内容を評価して頂き

投稿する事が楽しくなってきました。

 

 

そしてついに私は

「自分のブログを書いてみたい!」

そう思うようになったのです。

 

 

途中お休みを頂いた事も有りますが

多分もう5年近く書き続けていると

思います。

 

 

そしてこのように

私のブログのファンだと言って頂ける方が

現れる事は

 

 

本当にブロガー冥利につきます。

 

 

ただ、ブログを書いていると

批判的や中傷的な言葉を

浴びせられる事も有ります。

 

 

そんな時はやはり正直凹みます。

 

 

「何故わざわざ

批判や中傷をするのだろう?」と

 

 

人を批判や中傷して

楽しいのだろうか?

そう疑問に思います。

 

 

私は読んでみて自分の考えと合わない

ブログならば

次からは読みません。

 

 

ただ、それだけです。

 

 

皆が皆、同じ考えや生き方では

無いのは当然だと思っているからです。

 

 

その反面こうして

趣味で書いてるブログに対して

 

 

こんなにも大きく評価して頂ける方が

おられる事には感無量です。

 

 

初めての握手を交わして

彼には横に座って頂きました。

 

 

すると彼からなんと

「記念撮影してください!」と

 

 

驚きました!

 

 

何だかくすぐったかたです。(^O^)

 

 

勿論「ハイ、喜んで!」

そう言って写真を撮らせて頂きました。

 

 

彼もタイ好きの一員のようですが

休みの関係で

頻繁には来れないとの事でした。

 

 

ただ、その後の彼を見ていて

本当に楽しそうでした。

 

 

タイに来ると

みんないい笑顔ですよね。(^O^)

 

 

彼が私の横にいたので

「誰かレディを呼びませんか?」

そう尋ねました。

 

 

すると彼が意外にも

「私は若いレディが苦手なのです。」

そのような返事が返ってきたのです。

 

 

ただ、私の沖縄の友人も

やはり彼と同じで

若いレディが苦手です。

 

 

それは人それぞれ好きなタイプが

違うのは当然です。

 

 

私と言えば逆にロリで

21~24才の間が一番好きです。

 

 

丁度バービアの女2のプオが

22歳です。

 

 

この年齢のレディは

大人になりかけているのですが

 

 

まだ子供のような部分が

残っていて

 

 

ロリ親父にはたまらなく

可愛く思えるのです。(^O^)

 

 

この時私の横には

既にレディがいました。

 

 

なので、彼の話を聞き

それではと

 

 

「もしかしてママさんなら

気に入ってもらえるのでは?」

 

 

そう思いました。

 

 

Kさんとの記念撮影は

嬉しい出会いでした。

 

 

私のブサイクな面(つら)はスルーして下さい。(^O^)

 

 

 

Kさん、とってもママが

気に入られたようです。

 

 

忍者の このママさんとは仲良しです。

日本語も出来、とってもチャーミングです。

 

 

ママさんは話上手で明るいので

もしかしてKさんに喜んでもらえるのでは?

 

 

そう思いママさんを呼びました。

 

 

ママさんに「彼の横に座ってあげてよ。」

そう言うと

 

 

えっ?私?

 

 

 

若いレディを尻目に

自分が指名された事に

ちょっと驚いていました。

 

 

 

ただ、この選択は的中だったようで

Kさんとても喜んでくれていました。

 

 

 

Kさんを挟んでの記念撮影。

 

 

このママさんはさすがです。

お客さんの盛り上げ方のツボを

しっかりと心得ています。

 

 

Kさん物凄く楽しそうでした。

 

 

私にママさんのセレクトの

お礼を言ってくれていました。

 

 

彼からは翌日も連絡を頂いたのですが

丁度その時プオが部屋に来ていて

 

 

彼女の体調が悪く

それなのに遊びに出て行くなんて

怖くて出来ませんでした。(^O^)

 

 

Kさんごめんなさい。

 

 

今度来られる時は

連絡して頂けると

最初から待機させて頂きますね。

 

 

ところでLINE登録ですが

Kさんから送ってもらったメッセージでは

登録出来ませんでした。

 

 

なのでJKBAR オーナーに

私のLINEのバーコードを

送っておいたのですが

友達登録出来たでしょうか?

 

 

もし上手くいかなければ

またオーナーを通じて連絡してくださいね。

 

 

有難うございました。

またお会いしましょう・・・・。(^O^)

 

こちらも応援ポチしてね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

応援ポチありがとうございます!


人気ブログランキング

忍者a go go Pattaya 公認バナー

 

キングオブタイナイト

 

 

 

ソイカーボーイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス