バービアの女2-57 | それでも俺はタイへ行く

それでも俺はタイへ行く

人生なんて上手くいかなくて当たり前なんだ!
独立して有頂天だった私を襲った億を超える負債。
債権者や海外マフィアにまで追い回されたが
死に物狂いで もがき続けた。
そう 諦めずにもがき続ける事が何よりも大切なのだ。
そして それでも俺はタイへ行く。


テーマ:

image

Pattaya Ninja tour  

Pattayaの全ては忍者にお任せ

 

再びトイレに行きたくなりました。

 

 

地下の階段を下りて

トイレに向かいました。

 

 

ここの地下は以前は

ダンスフロアーのようでした。

 

 

そんな面影が残されており

広々とした空間がガラーンとして

物寂しさを感じさせます。

 

 

ふと見ると

地下のフロアーには

へたり込んでいるレディがいました。

 

 

プオのようにトランス状態を

超えてしまったのでしょう。

 

 

そして少し暗い奥側には何やら4人の

タイの若者達が・・・

 

 

何かを手に持っています。

 

 

ピン!ときました。

 

 

「ドラッグだな!」

 

 

あまりじっと見ていて

揉め事になるとまずいので

そしらぬ顔でトイレへと入りました。

 

 

トイレを済ませ

席に戻る為通路を歩きました。

 

 

プオにまた変な虫が

付いていないだろうな?

 

 

まぁ若いレディと一緒に

こういう場に来ると大変です。

 

 

オオカミもワンサカいるからです。

(人の事言えませんが)

 

 

席に戻った私はその場の光景に

愕然としました!

 

 

何と、その怪しいパイプの煙を

さらに追加していたのです。

 

 

スタッフが新しいパイプを

入れ替えていました。

 

 

「マジか!」

 

 

そう思って見ていると

プオが「500バーツ」

 

 

私に金を出せと言うのです。

 

 

その言葉にも驚きましたが

その値段にも驚きました。

 

 

こんな煙が500バーツ(1650円)

もするのか!

 

 

じゃ、さっきの分も合わせて

1000バーツもしているじゃないか!

 

 

私は自分の顔が引きつるのが

分かりました。

 

 

食べる金が無いと言って

苦しんでいるのに

 

 

こんな煙ごときに

1000バーツも使うなんて

言語道断でした!

 

 

一本目は友達のクイが支払ったようです。

 

 

二本目はプオが支払ったようなので

金主(きんしゅ)の私に

請求してきたのでしょう。

 

 

「そんな金ださないよ!」

 

 

私は怒り気味に言いました。

プオは途端に不機嫌に。

 

 

そしてパイプを口に咥え

またもや吸引。

 

 

物凄く思い切り吸っていました。

 

 

私はもう止めさせようと思い

彼女の手から

パイプを取り上げようとすると

 

 

彼女が白い煙を私に向かって

吹きかけたのです。

 

 

これで怒りが頂点に達しました!

 

 

「もうやめておけ!」

 

 

ステージ横の席なので

大音響の中です。

 

 

思い切り怒鳴っても

普通ぐらいにしか聞こえません。

 

 

彼女からパイプを奪い

私はそう彼女を

 

怒鳴りつけたのでした・・・・。

 

こちらも応援ポチしてね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

応援ポチありがとうございます!


人気ブログランキング

忍者a go go Pattaya 公認バナー

 

ソイカーボーイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス