ジェントルマンに・なれないクラブ1 | それでも俺はタイへ行く

それでも俺はタイへ行く

人生なんて上手くいかなくて当たり前なんだ!
独立して有頂天だった私を襲った億を超える負債。
債権者や海外マフィアにまで追い回されたが
死に物狂いで もがき続けた。
そう 諦めずにもがき続ける事が何よりも大切なのだ。
そして それでも俺はタイへ行く。

image

Pattaya Ninja tour  

Pattayaの全ては忍者にお任せ

 

タイ好きの皆様なら

一度は耳にされた事はあるでしょう。

 

「ジェントルマンズ・クラブ」

 

その中でもパタヤで最も有名な

「キンナリー」

先日初めて行って来ました。(^O^)

 

私もその名前だけは

聞いた事はあったのですが

 

一度も行った事が無く

聞くと行くでは大違い。(笑)

 

ネットでその噂は知っていたのですが

距離的にも少し遠く

 

方向音痴の私は一人で行くには

そこまで魅力を感じるほど

背中は押されていませんでした。

 

今回ある方に誘って頂き

渡りに舟と便乗させて頂きました。

 

 

貴殿は?

 

えっ?

 

知らない?

 

一度も行った事がない?

 

何故?

 

ゴーゴーや

バービア中心?

 

嘘?(笑)

 

是非行って下さい!

その後のパタヤ人生が変わります。(o^-')b

 

行って来た感想?

 

いや~もうパラダイスです。

 

やばいです。あの館。

狂いそうになりました。(^O^)

 

連れて行ってくれたのは

忍者ツアーのスタッフ

「ダイスケさん」

 

実は忍者のPVは彼が

作成しています。

 

彼の作品がこちら・・・・

 

 

観ているだけでワクワクしてきますね。

 

 

この艶めかしさ たまりません・・・

 

 

その日の朝はダイスケさんに

イミグレレーションにアテンドして頂き

遅めの朝食をご一緒に。

 

彼のパタヤでの逸話を聞かせてもらって

大爆笑の渦。

 

その勢いで盛り上がり

彼から

「ジェントルマンズ・クラブ行きますか?」

のお誘い。

 

私はその名は耳にした事はあっても

場所が今ひとつ分からない事も有り

行った事が有りませんでした。

 

そんなところに彼のお誘い・・・。

断るはずが有りません。

 

これはチャンス到来と。

 

午後から待ち合わせして

ダイスケさんのバイクに

乗せてもらい

 

颯爽とクラブへと向いました。

 

館の場所は意外に郊外にひっそりと有り

ブログ用に

写真を撮ろうとしたのですが

 

建物前でバンサー(用心棒)のような

兄ちゃんがギロリと目を光らしていました。

 

勿論、館の玄関には「撮影禁止」のビラが。

 

いきなりトラブルも嫌なので

写真は諦めました。

 

その為文章のみでお楽しみ下さい。

 

まず2人で入ろうとしたら

「タイ人か?」

 

そう聞かれた2人。(゚_゚i)

 

「いや、日本人だ。」

応えるダイスケさん。

 

「僕らはタイ人に見えたのですかね?」

笑いながら聞く私。

 

「そのようです。」

笑いながら答える彼。

 

たしかにこちらに住み始めてからは

めちゃくちゃ日に焼けて

真っ黒になり

 

おまけに髪型もタイヘアー

 

最近日本の知り合いの方からも

「タイ人みたい。」

そう言われるようになってきました。

 

ついにタイ人にタイ人かと

間違えられてしまいました・・・(笑)

 

さて一歩中に入ると

まるでディズニーランドの

アトラクションの中に入ったような

 

そんな非日常的な世界感が

私を包み込んできました。

 

更に奥に進むと

「ワォ!」びっくり

 

心の叫びが思わず出ました!

 

何と表現したらいいのか?

 

目の前に広がる景色は

まるで映画に出てくる

ワンシーンのような

 

そんな普段目にする事が無いような

とんでもない被写体が

 

私のフォーカスを通じて

強烈に飛び込んできたのです・・・・。

 

こちらも応援してね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

応援ポチありがとうございます!


人気ブログランキング

忍者a go go Pattaya 公認バナー