バービアの女1-11 | それでも俺はタイへ行く

それでも俺はタイへ行く

人生なんて上手くいかなくて当たり前なんだ!
独立して有頂天だった私を襲った億を超える負債。
債権者や海外マフィアにまで追い回されたが
死に物狂いで もがき続けた。
そう 諦めずにもがき続ける事が何よりも大切なのだ。
そして それでも俺はタイへ行く。

image

Pattaya Ninja tour  

Pattayaの全ては忍者にお任せ

 

 

「どうしたの?」

「家でクッキングしてくれるって
言ったじゃん!」
 
そう彼女を問い詰めると
ガオは少し顔を歪め
 
「バンコク カエルna。」
いきなりそう言ったのです。
 
私は寝耳に水で
「ウッソー!マジか!!」
そう驚いたのですが
 
「カッ。」(はい)
本当のようでした。
 
「何でぇ~?」びっくり
 
詳しく話しを聞くと
ガオは子供が一人いるのですが
 
実家の母親が面倒を見てくれており
その母が突然病気になり
自分が
帰らなければいけなくなったと・・・
 
これはタイレディ
よくあるあるの一つですね。
 
ただ、だからと言って
タニヤレディのように
お金助けての話しでは無く
 
本当に子供と親の面倒を
見る為にバンコクに帰る
そんな話しでした。
 
「で、いつ帰るの?」
そう聞くと
 
「ツモロー」
 
「えー!明日帰るの!!」びっくり
 
余りの急な事に驚きを隠せませんでした。
 
「カッ。」(はい)
悲しそうな顔でうなづくガオ。
 
私もなんだか
とても悲しい気持ちになりました。
 
「いつ戻るの?」
 
「ワカラナイ。」
そのような曖昧な返事。
 
ゴーゴー遊びからバービア遊びへと
目覚めさせてくれたガオ
 
彼女は本当に短期間で
一気に私の心の中に
入り込んできました。
 
私の部屋で食事を作ってくれると
張り切ってくれていたのに
 
あー!神はオヤジの性の祭典を
簡単にはお許しにはならないのか
 
この突然の訃報に
私はガッカリしてしまいました。
 
一緒にいて楽しい
性の宴の相性もいい
 
ダイソンちゃんと命名するほどの
素晴らしいバキューム○ェ○を持ち
 
おまけに料理が好きで
部屋で作ってくれるという
 
そんなレディに当たるのは
中々無いですよね。
 
こんなに上手く
いい子に当たれたのに・・・
 
最後の日は勿論PBしました。
 
帰り際ガオをコンドーのゲートまで見送り
「じゃあね、元気でね。」
 
そう彼女を抱きしめてあげると
ガオは俯いたまま
かなりしょげていました。(_ _。)
 
短い間でしたが毎日のように
会っていたからかもしれません。
 
彼女が家路へと向う為
バイクタクシーに乗りました。
 
バイクが動き出すと
彼女が手を振ってくれました。
 
もう2度と会えないかもしれない
そう思うと
 
ガオの手を振る姿に
何だか熱いものが
こみ上げてきました。
 
私は彼女を乗せたバイクが
小さく見えなくなるまで見送り 
 
そして
 
「さようならガオ。」
そう心の中で呟いて
 
自分の城へと戻ったのでした・・・・。
 

ポチッと応援してね!


人気ブログランキング

忍者a go go Pattaya 公認バナー