バービアの女 2 | それでも俺はタイへ行く

それでも俺はタイへ行く

人生なんて上手くいかなくて当たり前なんだ!
独立して有頂天だった私を襲った億を超える負債。
債権者や海外マフィアにまで追い回されたが
死に物狂いで もがき続けた。
そう 諦めずにもがき続ける事が何よりも大切なのだ。
そして それでも俺はタイへ行く。


テーマ:

今、沖縄の友人達の引率で(笑)

バンコクに来ています。

 

いや〜噂では聞いていましたが

パッポン良かったです!

 

レベル上がっていました。

 

キングスグループが

以前のレインボーグループのように

感じましたね。

 

最後はパッポンからナナに移動したのですが

友人達も

 

「パッポン良かった!」

「女の子達可愛いかった!」

 

口を揃えてそう言っていました。

 

最後ナナではビルボードの浴槽前に陣取り

楽しい夜を過ごす事が出来ました。

 

 

 

本編)

 

ゴーゴーレディから距離を置くため

バービアの新規開拓に乗り出しました。

 

夜6時過ぎ頃

コンドーを後にし私はブラブラと

夜のパタヤの街に繰り出しました。

 

まだ少し明るい陽射しの中

バービアの群れを流し目で見て行きます。

 

このパタヤの夕陽が陰ってくる瞬間が

いいですね。

 

金曜ロードショーの出だしを思い出します。

 

 

パタヤは陽が陰ってくると

海風が流れて来て

涼しくて気持ちいいです。

 

バンコクの夜の熱気の蒸し暑さとは

また違う趣を感じますね。

 

陽が落ちるにつれ

段々とバービアの

 

そのピンクがかったネオン達が

夜のとばりに浮かび上がってきます。

 

「う~ん、誰かいい子はいないかなぁ~?」

そんな事を思いながら

バービアの店を流していると

 

「ん?」

 

私の目の端に

ある店の店頭で立っている子が

目につきました。

 

私に向かってスマイルを送っています。

中々可愛い子です。(^O^)

 

「おっ!可愛いぞ!」

そう思ったのですが

 

「まだ他にもいるのでは?」

そう思って先に進みました。

 

1時間程バービアのお店を

流してみて

 

最初にビビビときたレディが

私の触手に引っかかっていました。

 

「よし、あの子にしよう。」

そう思い元のお店に

いそいそと戻ります。

 

「誰かに指名されたかなぁ?」

そう思い探していると

 

いました!!

 

まだ、お店の店頭に立っていました。

 

そして私を覚えてくれていたのでしょう。

私を見て笑ってくれていました。

 

よし、この子だ。

 

店頭からハートマークを

指で作り

 

彼女に差し出すと

ウケていました。(^O^)

 

笑顔がとても可愛いレディです。

 

彼女の名はガオ(仮名)

一発で気に入って

 

その日の私のPBのお相手に

なったのです・・・・。

 

ポチッと応援してね!

忍者a go go Pattaya 公認バナー

 

 

 

 

ソイカーボーイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス