Facebookの女 20話 | それでも俺はタイへ行く

それでも俺はタイへ行く

人生なんて上手くいかなくて当たり前なんだ!
独立して有頂天だった私を襲った億を超える負債。
債権者や海外マフィアにまで追い回されたが
死に物狂いで もがき続けた。
そう 諦めずにもがき続ける事が何よりも大切なのだ。
そして それでも俺はタイへ行く。


テーマ:

美人姉妹との楽しいひと時は

あっという間に終わってしまいました。

 

一軒目がここなら、

絶対に延長していました。

 

とても残念です。

 

もう疲れていたので

後ろ髪を引かれながらもチェックし

私はお店を出ました。

 

タニヤをフラフラしながら

ホテルにたどりつき

部屋に入って寝る準備をしました。

 

スマホのメッセージをチェツクすると

Maoから

 

「ダーリン アシタ タノシミドキドキ

「アナタ ドコ イッテル?」

 

「スグニ ヘンジ コナイネ。」

「アナタ オンナ ダメヨドキドキ

 

そのようなちょっとした

ジェラシーを含む

ラブラブなメッセージが

届いていました。

 

「いよいよ明日か・・・。」

 

私は明日の事を考え

ちょっとワクワクしながらも

 

遊び過ぎによる睡魔に襲われ

直ぐに眠りにつきました。

 

さて、翌日はいよいよ

Facebookの女Maoとの対面です。

 

まずはしっかりと

コース戦略を練ります。

 

Maoは料理は私に任せると

言ってくれていたので

 

待ち合わせ場所の

ターミナル21にある

しゃぶしゃぶのお店にしました。

 

 

 

ターミナル21の4階にある「モーパラ」です。

なかなか美味いです。

(日本にも有るとネットで見ました。)

 

タイレディにも味はOKだと思うので

(実際タイ人のお客さんがわんさかいる。)

デートコースにはおすすめかもしれません。

 

ただ、結構人気店なので

予約していった方が確実です。

 

電話で簡単に予約出来ます。

特に土日などは要予約必修です。

 

私はお店に予約を入れ

店の写真やメニューを

彼女に送ってあげました。

 

彼女は物凄く喜んでいました。

 

しゃぶしゃぶは大好きだとの

事でした。

 

Maoはラマ2世というエリアに

住んでいると言っていました。

 

私はそのエリアが

タイでどの位置付なのかが分からず

 

単に「ああ、そうなんだね。」

ぐらいの返事をしていました。

 

彼女は自分は田舎に住んでいるので

ターミナル21など行った事が無い

そう言ったので少し驚きました。

 

こんなに有名なモールなのに

バンコクに住んでいて

知らないんだ。

 

(私自身バンコク自体が

それほど大きく無いと思っている為。)

 

初めて来る彼女にすればワクワク感

満載だったのでしょう。

 

彼女はチャットで友達に

「ターミナル21に行くのよ!」

そう自慢していたようです。(笑)

 

彼女からもう一度

待ち合わせ場所の確認がありました。

 

私はターミナル21は

BTSアソーク駅の

真ん前に有るという事や

 

ビルの写真を送り、印まで書き込み

入口前で待っていると念押ししておきました。

 

タイレディには事細かく説明しなければ

理解してもらえないと

経験上そう思っています。(^O^)

 

 

(丁度この写真のターミナル21の文字の下

入口前で私と彼女は待ち合わせました。)

 

ただ、当日になって

彼女が少し気になる事を

言ってきたのです。

 

それは

「ターミナル21 トオイ。」

 

「タクシー タカイ。」

 

「ワタシ オカネナイ トモダチ カリタ。」

 

「500THB アナタ ホシイ。」

 

このメッセージを見た瞬間

私は嫌な予感がしたのです・・・・。

 

ポチッと応援してね!

忍者a go go Pattaya 公認バナー

 

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

 

最もお得な値段で世界中の最高のホステルを探しなら【HostelsClub.com】

 

【DMM.com】今なら送料無料でレンタルできる!スーツケースレンタル!!

 

 

 

 

 

 

 

ソイカーボーイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス