パタヤの女9話

テーマ:

※読者の皆様へ

久々に投稿するにも関わらず

沢山の応援を頂き本当に有難うございます。(o^-')b

 

実は今回のブログから

コメント欄をオープンにしました。

 

今までコメントの

受付はしていなかったのですが

(理由は批判や中傷で気分を害された為)

 

かくいう私も 自分もコメントをして

ブログ主の方と仲良くなれたので

思い切ってオープンにしました。

 

よかったらコメントお待ちしております。

 

ただ、また批判や中傷が寄せられた場合は

クローズさせて頂く事も有りますので

ご了承下さい。

 


しかし、タイは凄い人気ですね。

年末の海外旅行先の1位はタイとの事。

 

そして昨日何気に気になった

東急のタイコンドミニアムの説明会

 

覗いてみたら な・な・なんと!

満員御礼でした。ドキドキ

 

 

いよいよ迫る高齢化社会日本。

 

タイの若いレディの介護を求めて

日本の爺さん達が 大挙タイに

押しかける日は近いかも・・・・。(o^-')b

 

本編)

LKメトロをタイ仲間のKさんとくぐった。

Kさんとはもう長い付き合いだ。

 

何度もタイで一緒に遊んでいる。

 

WSととは また違う趣の

LKを2人で流していると

見覚えの有るお店が目に止まった。

 

Thai nightさんとご一緒した店であった。

 

お店の前にはレディ達がいたのだが

おしゃべりに夢中で

私達には さほど興味を示していなかった。

 

いつも強引な呼び込みを受けている私的には

なんだか肩すかしのような感じを受けたのだが、

 

なんだか、のどかで

これもありかなと思ったりする。

 

「入ってみますか?」

そうKさんに了解を得て扉をくぐった。

 

だが、一歩店内に入って驚いた。

 

店頭の暇そうなレディ達からは

想像出来ない程

この店の店内は客で賑わっていたのだ。

 

意外と言えば大変失礼な表現だが

本当に意外であった。

 

WSの大勢の人混みなら

バカラやセンセーショナルのように

店内に客が多いだろうという事は

容易に想像つく。

 

だが、この人通りの少ないLKメトロで

こんなにもお客で賑わっている店が

あるのか?!

 

そう思っている間にも

店内の熱気に全身が包まれた・・・・。

 

ぽちっと応援してね。

AD