『FAKE』 (2016) 森達也監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

ゴーストライター騒動のあった佐村河内守氏と彼の妻そして愛猫に密着したドキュメンタリー。ほとんど外出をしない彼らのマンションに森監督が通って撮った映像をつなぎ合わせている。2014年の事件当時、あまり興味がなかったため事件の詳細は知らなかったが、それでもかなり面白い作品だった。

 

事件に関しては、全聾でありながら絶対音感を持つ天才的作曲家が、実はほかの者が作曲をしていて耳も聞こえるという程度の認識だった。それをもし、100の事実が全て嘘であり、0の真実しかなかったとするならば、それはメディアの作ったイメージに騙されているということになるだろう。

 

少々、回りくどい言い方をしているのは、この作品を観て理解したのは、やはりほとんどが嘘であり、そこには真実は1程度しかなかったということ。だからこそタイトルは『FAKE』なのだろう。

 

作られた芸術作品の良し悪しは、あくまでその作品の出来によるものであり、それ以外の要素(例えば、作者が身体障害者であるとか、被爆2世であるといったもの)は全く評価に勘案されるべきではないのは言うまでもないだろう。しかし、芸術作品をプロではない一般人が評価する場合、そうしたサイドストーリーにより重きを置かれがちであるということが、この事件を振り返ってよく分かった。

 

つまり、彼の耳が聞こえるかどうかは、作品の評価には全く関係がないはず。そして、彼と作品との関わりで言えば、彼は楽曲の基本的な構造を構築し、イメージを与えていただけ(それを新垣隆氏に文章や図面で渡していた)。作曲というと譜面を書くというイメージがあるが、佐村河内氏が譜面を書けないことはこの作品でも明らか。勿論、譜面が書けなくても、メロディーを録音して誰かに記譜してもらうということもあるだろうが(楽器の多いクラシックでそれが通用するのかは分からないが)、それも耳が聞こえる前提。

 

作品では、メディアの取材を受けるシーンも度々あるが、特に外国記者のインタビューの数々の質問はかなり的を得ていた。中でも、「どのようにして新垣氏が作った作品をチェックできたのか」というもの。佐村河内氏のポジションはいわばプロデューサーであり、概念を実際の音に落とし込んで作品化(そしてそれがまさに作曲という作業)したのは新垣氏にほかならないと感じた。

 

森達也監督は、新垣氏がテレビに出演しもてはやされている(あるいはいじられている)映像を見せて佐村河内氏のリアクションを撮っている(かなり意地の悪いシーン)。その番組は、一旦は佐村河内氏にオファーがあったのだが、芸人がMCであることから面白おかしく取り扱われることを危惧して断ったもの。テレビ局は代わりに新垣氏を出演させ、「時の人」として(そして少々変わり者というキャラで)扱っていた。「佐村河内さんが出ていたら、扱いも変わっていたと思いますよ。テレビは、いかに視聴者が喜ぶかということしか考えていないから」と森氏は言っているが、そうした主観的な素材の見せ方という点では、森氏の作るドキュメンタリーも同じ(それは想田和弘監督が提唱する「観察映画」とは異なるもの。彼の『ザ・ビッグ・ハウス』はなかなか面白かった)。それが悪いというわけではなく、受け手の意識の問題であろう。

 

森監督は、佐村河内氏に「作曲しましょうよ」と焚きつける。そして、佐村河内氏が作曲をし、その作品を披露するというのがエンディングの12分の内容なのだが、作曲を焚きつけながら、佐村河内氏がシンセサイザーを入手し(音楽家が楽器を持っていないというのも奇異に感じた)作曲するシーンは撮られていない。それまでの経緯からすると、エンディングの12分はかなり唐突。そして衝撃は、エンディング・ロールの後の映像で、森監督の発する質問とそれに対する佐村河内氏のリアクション。かなり意地が悪い。

 

オウム真理教を扱った『A』(1998年)、『A2』(2001年)以来、15年ぶりの単独監督作品。かなりアイロニカルな、興味深い作品だった。

 

★★★★★★ (6/10)

 

『FAKE』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス