『パリ20区、僕たちのクラス』 (2008) ローラン・カンテ監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

2008年カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。

 

パリには土地勘がないので20区と言われてもピンとこないが、調べてみるとパリ北東部に位置するこの区は、移民が多く住み、観光客にとっては治安のよくない地域とされているようだ。その20区にある公立中学校を舞台にした学園もの。

 

原作者(フランソワ・ベゴドー『教室へ』)が脚本と主役の先生役を務め、生徒24人も役者経験のないキャスティング。フランソワには教師の経験がある(その経験を本にしている)とはいうものの、実にリアルなドラマはそのキャスティングに負うところが大きいと思われる。

 

作品の大半が授業そのもののシーン。フランソワが教える教科は「国語」。ただクラスの過半数が移民の子供たちであり、親の話す母国語と違う「第二外国語としてのフランス語」を教えるという事情もあるのだろう。

 

「荒れる教室」と熱血教師というと学園ものの定番のように聞こえるが、日本のありきたりの予定調和の感動学園ものとは全く毛色が違っている。ここでは問題をそのまま問題として示され、何の解決も提示されていない。そしてその問題の少なからずが、人種や文化の差異といった日本ではあまり遭遇しない問題に拠っているところが特徴。そしてその問題は現実には、学園といった狭い空間の話にとどまっていないことから、より普遍性を帯びていると思われる。

 

最初は延々と授業のシーンが続く印象で、少々テンポが遅いと感じたが、そこから問題があぶり出されるに従って、引き込まれていった。

 

教育の現場での問題を提示した作品として、そうした問題に勘どころがあれば、そのように観ることもでき、またそうした勘どころがない者も、人種のるつぼでの葛藤の縮図として観ることができる。


★★★★★★ (6/10)

 

『パリ20区、僕たちのクラス』予告編

 

近年のカンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品の個人的評価。

 

2008年 『パリ20区、僕たちのクラス』 ★★★★★★ (6/10)

2009年 『白いリボン』 ★★★★ (4/10)

2010年 『ブンミおじさんの森』 ★★★★ (4/10)

2011年 『ツリー・オブ・ライフ』 ★★★★★ (5/10) 

2012年 『愛、アムール』 ★★★★★ (5/10)

2013年 『アデル、ブルーは熱い色』 ★★★★★★★ (7/10)

2014年 『雪の轍』 ★★★★★★ (6/10)

2015年 『ディーパンの闘い』 ★★★★★★★ (7/10)

2016年 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 ★★★★★★★ (7/10)

2017年 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 ★★★★★★ (6/10)

2018年 『万引き家族』 ★★★★★★★★ (8/10)

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス