『雨あがる』 (1999) 小泉堯士監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

腕は立つものの人の好さが災いして、仕官がかなわない浪人の三沢伊兵衛。その妻たよと旅の途中、長雨で川を渡ることが出来ず、宿場町に足止めされていた。二人と同じく雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々を見て、彼らの心を和ませようと、伊兵衛はたよから禁じられていた賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞った。翌日、長かった雨もようやくあがり表へ出かけた伊兵衛は、侍同士の果たし合いに遭遇し、危険を顧みず仲裁に入った。その場に遭遇した藩の城主・永井和泉守重明は、伊兵衛の行いに感心し、彼の腕を見込んで剣術指南番の役を与えることを申し出る。しかし、藩の家老たちは重職を一介の浪人に与えることに猛反対し、数日後、伊兵衛の元に出向い、賭試合を理由に彼の仕官の話を断った。だがたよは、夫が何のために賭試合をしたかも知ることなく難癖をつけた彼らを逆にあしらった。そして、再び旅に出る伊兵衛とたよ。そして、二人を追って馬を駆る重明の姿があった。

 

黒澤明が脚本執筆途中に逝去し、『夢』『八月の狂詩曲』『まあだだよ』という黒澤最晩年の作品の助監督を務めていた小泉堯史が脚本を完成させ監督した作品。

 

であれば、黒澤作品の雰囲気くらいは期待したいものだったが、残念ながらこの作品には、完璧主義者と言われた黒澤明監督の面影は微塵もなかった。

 

全てを台なしにしているのは、藩主・重明を演じる三船史郎の演技。とにかく、なぜこれほど期待されるべき作品に出演できているのか疑問しか起こらない。役を演じ切れているかどうかのレベルの問題ではないほどの大根に驚かされた。

 

仕官されずに生活に窮する浪人とそれを支える内助の功というモチーフは、よく映画の題材とされる。長い江戸時代の泰平を背景に、武士がリストラされ浪人として困窮したというのは当時のポピュラーな問題だったからであろう。そして、武士という独自の文化を盛り込み、それに家族愛をモチーフとすれば、ドラマは出来上がるということだろう。

 

この題材での断トツ秀作は『切腹』(1962年、小林正樹監督)。但し、それは切なく哀しい物語。この作品は、対照的に明るくほのぼのとしている。それは寺尾聰と宮崎美子のキャラクターによるところが大きく、この作品での彼らは適役と言えよう。

 

特に、宮崎美子演じるたよが夫の仕官を断ってきた家老に向かって、「あなたたちのような木偶の坊には、お分かりいただけないでしょうが」というシーンはまさに「溜飲が下がる」という言葉の恰好の例。

 

気軽に観ることができる軽妙な作品。そして返す返すも、三船史郎の演技が残念。

 

★★★★ (4/10)

 

『雨あがる』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス