『壬生義士伝』 (2003) 滝田洋二郎 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

新選組に入隊した盛岡の南部藩出身の吉村貫一郎(中井貴一)。彼は、純朴な外見に似合わない剣術の達人だった。名誉を重んじ死を恐れないことがよしとされる武士でありながら、生きることを熱望し、故郷で貧困に喘ぐ家族のため金銭を得るために戦った男でもあった。斎藤一(佐藤浩市)はそんな貫一郎を嫌ったが、反面、一目置くところもあった。時が過ぎ、大政奉還。一転して賊軍となった新選組は、官軍の制圧に遭い壊滅状態に陥る。ところが、貫一郎だけは脱藩で裏切った義を二度までも裏切れないと、たった一人で最後まで戦い抜いた。そして、傷ついた彼は南部藩の大阪蔵屋敷にたどり着き、差配役として赴任していた幼なじみの大野次郎右衛門(三宅裕司)に帰参を願い出る。彼の望みは叶えられることはなかったが、右衛門の情けで官軍に引き渡されることなく、貫一郎は故郷を想いながら切腹する。

 

浅田次郎原作は未読。ただ、壮大な歴史物エンターテインメントを書かせれば彼の右に出る者はおらず(個人的ベストは『蒼穹の昴』)、面白くないはずがない。義のために死ぬことこそ名誉とされた時代で、家族や新選組を守るという義のために必死に生きようとした一人の武士の生き様は心を打つ。

 

ただ、そのメインテーマは十分に理解でき、心を動かされるシーンも少なからずあるのだが、ピンとこない部分もあった。家族のために「守銭奴」「出稼ぎ浪人」とまで陰口を叩かれても、金に執着し自らも吝嗇に努める。それほど家族のために「生きる」ことにこだわった彼が、あっさりと自殺行為とも言うべき砲列への単身切込みをするというちぐはぐ感。美談を意識し過ぎなのではないだろうか。それは、大ヒットとなった(そして自分が忌み嫌う)『永遠の0』でも感じたちぐはぐ感に通じるものがある(但し、『永遠の0』ほど嫌悪感は覚えなかったが)。

 

また、彼が脱藩をした時にはよほどの覚悟があったはず。その彼が、新選組の一人として命を賭して戦いながら、その後、あっさりと帰参を願い出ることも理解できなかった。そこに彼の義はあったのだろうか。

 

そして、瀕死の重傷から切腹に至るまでの独白のシーンは長過ぎ。貫一郎の心情を観客に説明するための冗長な台詞だと思ってしまった。

 

それでもそこここに心に残るシーンがあり、例えば、満州に移住する直前の置いてからの斎藤一が「おもさげながんした、吉村先生」とみつに頭をさげるシーンはその最たるもの。

 

滝田洋二郎の作品としては、『おくりびと』の方がよほどよかった。大作を未消化、あるいはお涙頂戴、受けを狙い過ぎという部分もあったか。それが日本アカデミー賞選考者には受けたのかもしれないが。
 

★★★★★ (5/10)

 

『壬生義士伝』予告編

 

近年の日本アカデミー賞作品賞受賞作の個人的評価

 

2001年 『千と千尋の神隠し』 ★★★★★★ (6/10)

2002年 『たそがれ清兵衛』 ★★★★★★★ (7/10)

2003年 『壬生義士伝』 ★★★★★ (5/10)

2004年 『半落ち』 ★★★★ (4/10)

2005年 『ALWAYS 三丁目の夕日』 ★★★★★★★ (7/10)

2006年 『フラガール』 ★★★★★ (5/10)

2007年 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 ★★★★ (4/10)

2008年 『おくりびと』 ★★★★★★★★ (8/10)

2009年 『沈まぬ太陽』 ★★★★★★ (6/10) 

2010年 『告白』 ★★★★★★★★ (8/10)

2011年 『八日目の蝉』 ★★★★★★ (6/10)

2012年 『桐島、部長やめるってよ』 ★★★★ (4/10)

2013年 『舟を編む』 ★★★★★★★ (7/10)

2014年 『永遠の0』 ★★ (2/10)

2015年 『海街diary』 ★★★★★★ (6/10)

2016年 『シン・ゴジラ』 ★★★★★★ (6/10)

2017年 『三度目の殺人』 ★★★★★★ (6/10)

 

 

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス