『春を背負って』 (2014) 木村大作監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

黒澤組の撮影技師だった木村大作による、監督第二作目。2009年の前作『劔岳 点の記』に続き、これまた山岳物。木村大作はよほど立山連峰が好きらしい。

 

幼い頃から山男だった父(小林薫)に厳格に育てられた亨(松山ケンイチ)だったが、成長してからはその父に反発し、生き馬の目を抜く金融の世界に生きていた。しかし父が他界し、通夜のために帰省した亨は、父が何よりも大切にしていた父の山小屋を継ぐことを決意する。当初は山での生活に苦労する亨だったが、亡き父の友人で不思議な男のゴロさん(豊川悦司)や、山中で遭難したところを父に救われてから山小屋を手伝う愛(蒼井優)に囲まれて、新しい人生を歩み始める。

 

前作でも人間のドラマとしてのパンチ不足が気になったが、この作品では更にそれを感じた。登場人物にまつわるストーリーが陳腐であることがその理由。

自分もマーケットに生きていたが、同じような境遇の亨が父の山小屋を継ぐという感覚は理解しづらく、設定に説得力がなかった。早逝した父の死を悲しむ雰囲気が全くなく、山小屋を亨が継いで「よかったね」という雰囲気も、父の死後数日としては不自然だと感じる。

 

池松壮亮や新井浩文といった個性豊かな実力派の俳優を脇に揃えながら、彼らを生かし切れていないのは残念。主要な俳優陣では、蒼井優の「ざっくばらんで天真爛漫だが、実は心に傷を抱えている」キャラクターのあざとい演技が少々鼻についた。

 

そしてエンディングは、亨と愛が手を取り合ってくるくる回るシーン。今どき、どこのカップルが手を取り合ってくるくる回るというのだろう。

 

山の風景を捉えた映像はあくまで美しい。撮影技師出身だけあって「絵的」なこだわりは強く感じた。しかし、それだけの作品だと言わざるを得ない。

 

★★★★ (4/10)

 

『春を背負って』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス