『ヒトラーの贋札』 (2007) シュテファン・ルツォヴィツキー監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

第二次世界大戦中、ドイツ軍がイギリスの経済撹乱を狙い画策した史上最大の紙幣贋造事件「ベルンハルト作戦」。それに関わったユダヤ人印刷工のアドルフ・ブルガーの著作『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』に基づいて制作された映画。

 

ロシア系ユダヤ人のサリーことサロモン・ソロヴィッチは、贋札やパスポート偽造を行う国際的犯罪者だった。彼はドイツの贋札犯罪捜査局のヘルツォークに逮捕され、収容所に送られる。当時既に、ナチスのユダヤ人の大量虐殺が始まっていた。たまたまサリーの描いたスケッチが、親衛隊幹部の目に止まり、サリーは彼らの肖像や収容所の壁画を描くことで、生き延びていた。そのサリーを探し求めていたのは、かつてサリーを逮捕したヘルツォーク。彼はナチスに入隊し、贋札製造を指揮する立場に出世していた。サリーほか印刷技術を持つ囚人は特別な待遇を与えられる。しかしその待遇は、彼らが精巧な贋札を作り続ける以上与えられるものであり、失敗は即ち死を意味していた。サリーが出会った贋札製造を行う職人の一人にアドルフ・ブルガーがいた。ブルガーは、贋札を作りナチスに協力することは、結果としてユダヤ人の虐殺を助長することになると考え、その作業をサボタージュすることで、ナチスに抵抗しようとしていた。
 

冒頭描かれる二つのシークエンス(戦後にサリーが贋札を持って、モナコのモンテカルロの賭博場でカードゲームに興じるシーンと、戦時中に贋札や偽造パスポートを作り財をなすシーン)が背景の説明なくつながり、かなり戸惑う。収容所に囚われて「ベルンハルト作戦」が開始して以降は、展開もダイナミックで映画に入れるのだが、冒頭のすっきりしない感がもどかしい(それは、映画の最後が最初とつながる円環構造になっているので、最後にはすっきりするのだが)。

 

薄い壁一つ隔てた向うでは、同じユダヤ人収容者が極めて過酷な収容所生活を送っているのに、壁のこちら側では温かいベッドが与えられ、娯楽用具としてピンポン台まで与えられていたコントラストが印象的。

 

そしてそうした境遇にいる者が、自らの死を賭してまで同胞のためにナチスに抵抗するかと言えば、多くの者はその選択をしないであろう。その選択をした者の原作を下敷きにしながら、彼を主人公としていないところに興味を惹かれた。高潔な人間のブルガーよりは、より人間臭く生きることに貪欲な(それでもブルガ-を売ることは拒む)サリーを主人公にした方が、より映画として面白いという判断であろう。そしてそれは正しい選択だったと思う。

 

『サウルの息子』ほどには直接的ではないが、ゾンダーコマンド(ユダヤ人でありながら、ナチスに隷属してユダヤ人を迫害した者)の描写がこの作品にもある。そして非人道的なナチスはこの作品でも容赦なく描かれている。この作品がドイツとオーストリアの共同制作であり、過去を真摯に見つめ直すという姿勢は高く評価できる。世界的に右傾化し、その影響から歴史修正主義が跋扈している今日だけに。

 

贋札製造という、戦争における作戦としては地味なものを題材にしつつも、それに関わる人間の自尊心やエゴの葛藤をエンターテインメント性をもって描いた秀作。

 

★★★★★ (5/10)

 

『ヒトラーの贋札』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス