『東京家族』 (2013) 山田洋次監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

最近、個人的に再評価している山田洋次監督。巨匠と呼んでもいいレベルなのだが、その巨匠がリメイクに挑戦したのが、小津安二郎の『東京物語』。さすがにハードルは高いだろうと懐疑的だったが、観出してすぐにそれは間違いであることに気付いた。

 

これこそまさに換骨奪胎の好例という作品。舞台を現代に置き換え、今日的なガジェットを満載している。広島からの上京に使う新幹線は言うに及ばず、すれ違いは携帯電話で回避し、都会に不案内でもタクシーに乗ればナビがあるという具合である。

 

舞台を現代に置き換えることで、物語の展開はオリジナルをなぞっていても、全く違う味わいになっている。コピーを単なる置き換えのコピーに終わらせないところが山田洋次監督たるところ。オリジナルでは、このシーンはどんなシーンだっけかなと思いを巡らす楽しみがあった。

 

前半は驚きにも似た感嘆を持って観ていたが、雲行きが怪しくなったのは、父の平山周吉(と、書いて、主人公の名前がオリジナルと同じなのは当然なのだが、小津安二郎の遺作『秋刀魚の味』の主人公と一文字違いであることに気付いた。小津にとって、『秋刀魚の味』は集大成的な意味があったのだろうか)が、幼なじみと再会し、風吹ジュン演じる女将が営む小料理屋で飲むシーン。確かに酔いは過ぎていたのだが、隣客が店を出てから文句を言うほどでもなく、女将の風吹ジュンがいかにも迷惑そうにしているのはかなり鼻白んだ。

 

また、母逝去の電話を受けた義理の息子の林家正蔵(こぶ平の方が通りはいいか)のいかにもドライなこと。心からではなくても、もう少し体裁を繕うように思う。いいお母さんが逝ったのだから。

 

そして一番の違和感が次男とその嫁ないし彼女の設定。父母を東京で世話し、母が逝ってから広島に残るのは、オリジナルでは戦死した次男の嫁。それが本作では、次男(妻夫木聡)とその彼女(蒼井優)となっている。夫が死んでも、その義理の親を思い慕う気持ちとは重さが随分と違う。結婚もしていないのに、形見分けなどされても少々引いてしまうというのが現代の感覚なのではないだろうか。

 

オリジナルでは、広島尾道から東京までの距離感が重要なファクターだった。また田舎と都会のギャップも、勿論現代の比ではない。そうした重要な背景に、母の突然の死という説得力において決定的なハンディキャップがありながら、果敢に挑戦したリメイクと言える。とは言え、やはり巨匠をもってしても及ばずといった作品。

 

★★★★★★ (6/10)

 

『東京家族』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス