『226』 (1989) 五社英雄監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

三島由紀夫の『憂国』を愛する者にとって、二・二六事件は特別な思い入れがある。青年将校の高潔な精神性に心動かされずにはいられないからである。

 

『鬼龍院花子の生涯』『極道の妻たち』の五社英雄監督の作品。

 

映画では、二・二六事件の背景は冒頭40秒足らずのドキュメンタリー映像とナレーションで語られ、その直後に青年将校の決起の決意が短く映し出されて、映画が始まってから5分もしないうちに2月26日となる。

 

あまり二・二六事件における皇道派陸軍青年将校の精神には深入りせずに、淡々と1936年2月26日からの数日(2月29日の午後に、下士官兵は原隊に戻って事件は終焉した)に何が起こったかを描いている。

 

彼らが義軍であったか賊軍であったかの判断は天皇の聖断次第なのだが、事件勃発の翌日には皇道派による昭和維新を天皇は拒絶したため、映画の大部分は、賊軍の汚名を着せられても進むのか、部下の命を守るために引くのかという青年将校の苦悩を描くことになる。あまり高揚感はなく、むしろ陰鬱な印象が支配的。

 

ヒストリーチャンネルの歴史番組ではないのだから、事件の背景や精神性、あるいは事件の影響を詳説する必要はないとはいえ、それらをあまり軽んじると、単なるアクション映画に堕してしまう(アクション映画がいけないという訳ではないが、やはり二・二六事件の歴史的なインパクトを考えると、それでは不満が残る)。

 

少なくとも、陸軍内部の統制派と皇道派の指導権争い、皇道派上層部による青年将校の見殺し、この事件による統制派の拡大と第二次世界大戦への影響(統制派の首領格が東条英機)といった背景は、二・二六事件の歴史的位置付けを観客に理解させる上では描くべきだったろう。

 

また、天皇が二・二六事件をどのように考えていたか(彼は、決起軍を最初から反乱軍とみなし、陸軍が事件鎮圧に躊躇するようなら、近衛師団を率いて自身が直接鎮圧にあたるとまで怒っていたとされる)が見えてこない。

 

そして青年将校の苦悩で、彼らの脳裏をよぎるのが皆がそろって妻や恋人というのも少々女々しい印象。

 

細かい点だが、三浦友和演じる安藤輝三大尉(首謀者の中では野中大尉に次ぐ位置)が自決を遂げたかのように映し出しながら、最後に銃殺されたとされているのは誤解を招きそう(実際には、銃を喉元に撃ったものの、手術により一命を取り留めている)。

 

豪華キャストなのだが、主人公とも言うべき首謀者のリーダー格、野中四郎大尉を演じる萩原健一は役不足。熱さが足りない。特によかったのは河野壽大尉を演じた本木雅弘。彼は、決起した青年将校の中で、野中大尉と彼だけが自決をした(残りは、法廷闘争を選択し、銃殺刑16人、禁固刑6人)。襲撃時に負傷し、収容された病院で自決する彼の悲壮感は、死が美しいとは全く思わないが、この映画の中では唯一光っていた。

 

二・二六事件という歴史的に特異で重要な事件を扱いながら、少々掘り下げが足りなかったかという残念な作品。基本アクション映画のメロドラマ。

 

★★★ (3/10)

 

『226』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス