『劔岳 点の記』 (2009) 木村大作監督 | FLICKS FREAK

FLICKS FREAK

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~


テーマ:

 

新田次郎原作を映画化。実話に基づく。

 

時は明治39年。前年に終結した日露戦争では勝利を収めた日本だったが、国防のため日本地図の完成を急いでいた。当時、地図は陸軍参謀本部陸地測量部によって作成されていた。そして、日本地図の最後の空白地点を埋めるため、未踏峰とされていた劔岳の初登頂と測量の任務が柴崎芳太郎に命ぜられた。劔岳の初登頂は、前年に設立された日本最初の山岳クラブの日本山岳会も狙っていた。陸軍の威信を賭けて、趣味で登山をする民間人に後れを取ることは絶対できないという幹部の圧力を受けながら、柴崎ら測量部は信念と勇気をもって任務に当たる。

 

雄大かつ荘厳な劔岳の景観が主役の作品。「これは撮影ではなく『行』である」「厳しい中にしか美しさはない」という撮影の基本方針の下撮られた映像は実に素晴らしい。

 

その素晴らしい映像に比して、登場人物のドラマは少々パンチ不足。陸軍参謀本部陸地測量部と日本山岳会との初登頂争いというモチーフはあれど、結果は最初から見えている。当時最新のヨーロッパ製登山用品で身を固めた日本山岳会に、わらじと杖の陸地測量部が負けたのでは何の面白味もないからである(とは言え、実話だけにそれはそれですごいと感じさせるのだが)。ただ、未踏峰と思われていた劔岳の初登頂を陸地測量部が達成したという点に関しては最後にひねりがあり、それは効いている。

 

人間のドラマとしてパンチ不足というのは、本作の監督木村大作が撮影技師を務め、同じ新田次郎原作の山岳物である『八甲田山』(森谷司郎監督、原作は『八甲田山死の彷徨』)と比較して明らかである。

 

浅野忠信演じる柴崎芳太郎が、日本山岳会の劔岳登山チームリーダー(仲村トオル)に「なぜ山に登るのか」と問う。「そこに山があるから」と思わず突っ込むシーンだが、任務であれ、趣味であれ、常に生きる過程では「なぜこれをするのか」と問うことは人生において重要なことであるというのが本作のテーマ。

 

浅野忠信の演技は安定感がある。彼らしい役柄。山岳会との競争において功を焦る陸地測量部の若手役を演じる松田龍平もよかった。そして一番は、登山案内人役の香川照之。劔岳は古来、山岳信仰の対象であり、登ることが許されないとされていたが、それを信じ父親を諌めようとする息子に「わしは山に登りたいという人を、登らせたいだけや!」と叫ぶ香川照之の演技は光っていた。

 

登山好きは勿論、そうでない者もそこそこ楽しめる作品。あまり小難しいことを言わずに、自然の厳しさ、美しさに素直に感動するのがいいのかもしれない。

 

★★★★★★ (6/10)

 

『劔岳 点の記』予告編

はったさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス