『月と雷』 (2017) 安藤尋監督

テーマ:

 

中沢けいの原作を映画化した『海を感じる時』がイマイチだった安藤尋監督の新作。評価しづらい作品だが、思っていたよりはよかったかもしれない。

 

幼い頃に母親が出奔して以来、一般的な家庭を知らずに育った泰子(初音映莉子)。スーパーのレジ係として働く彼女は、亡き父が残した家と職場を往復する毎日を送っていた。婚約者もいて、満足しているとは言い難いものの、それなりに平穏な日々だった。しかしある日、突然父の愛人の息子である智(高良健吾)が姿を見せたことにより、彼女の生活は一変する。

 

前半ははっきり言って観ているのが辛かった。「普通の家庭」を知らない人たちの生き様を見せられ、はたと「普通の家庭」とはと自問自答し、そこには明確な答えがないことを知った。あまりに自然に家庭とはこういうものというディフォルトのイメージを持っていたが、そこから逸脱する家庭の在り方を目にして、家庭とは何かを考えさせられた。

 

それに対して、後半はその「普通の家庭」を知らない者同士が寄り添い、家庭を再生する話のように思え、随分と安堵の気持ちで観ることができた。

 

「評価しづらい」というのはラストシーン。直子(草刈民代)が再び泰子を置いて家を出ていった時との泰子のリアクションのギャップは、泰子と同じく智も安定した家庭を持つことはできないだろうという覚悟の上で、「やっぱり。残念だけれど仕方ないよね。でもまた戻ってくるかもしれないし」という諦めと残念さとそれでも一縷の希望を持った複雑な気持ちの表れであるはず。しかし、泰子の安堵したような笑顔はちょっと違うんじゃないかなと感じた。角田光代による同名小説の原作のエンディングとは敢えて異なるエンディングを持ってきたからには、監督にとっては最重要シーンのはず。それが観ていて納得いかないというのは、ただ単に初音映莉子の演技力不足だけではないように感じる。敢えて謎かけをしたのであれば、そのあざとさには興ざめするだけである。

 

高良健吾の演技は相変わらずの安定感だが、特筆すべきは草刈民代の「やさぐれ感」がハンパなく説得力があったこと。草刈民代と言えば彼女の映画デビュー作である『Shall We ダンス?』(1996年)の印象が強いが、はっきり言って大根だった。しかし、この作品での演技は素晴らしいものだった。

 

原作のテーマのシリアスさに助けられ観る価値はないとは言わないが、賛否両論であろう出来。

 

★★★★★ (5/10)

 

『月と雷』予告編