北欧の被差別民族サーミ人を扱った作品。

 

1930年代、スウェーデン北部の山間部でトナカイの放牧をする先住民族サーミ人は、支配勢力のスウェーデン人によって劣等民族として差別を受けていた。サーミ語を禁じられたサーミ人寄宿学校に通うエレ・マリャは、進学を望むも、教師からは「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げられる。ある日、忍び込んだ夏祭りで、エレは裕福な家庭の少年ニクラスと出会う。今の生活から逃げ出したいと思っていたエレは、サーミ人である過去を捨てて生きることを決意し、ニクラスを頼って街に出る。

 

前半はいかにサーミ人が差別されていたかが描かれている。差別の構図はステレオタイプのもので、サーミ人に限らないもの。

 

後半では、主人公の少女がサーミ人である過去と決別して生きる決意をして村を捨てる。しかし、この後半がイマひとつ。差別をはね返すには、サーミ人のアイデンティティを否定し、差別する側に同化しなければならないという展開がありきたり。映画は主人公が年老いてから、長年会うことのなかった妹の葬式に出席するシーンから始まり、エンディングは妹の遺体に謝り、ラップランドの山の上からサーミ人の住む地を眺めるシーンで終わる。サーミ人のハーフの監督であれば、差別されながらもアイデンティティを捨てない姿を描いた方がより心を打ったのではないだろうか。

 

またニクラスとの交流も恋愛というには少々生臭い。ニクラスの親が「魂胆があるに違いない」と訝るのもうなずけるし、所有の概念が少ない遊牧民族は性に奔放なのではという描かれ方。

 

サーミ人のことを知ることはできたが、作品としては期待していたほどではなかったという感想。

 

★★★★★ (5/10)

 

『サーミの血』予告編