『リングサイド・ストーリー』 (2017) 武正晴監督

Sun, October 15, 2017 01:39:12 Theme: 邦画 ら行


前作『百円の恋』(2014年)が素晴らしかった武正晴監督の最新作。

 

江ノ島カナコ(佐藤江梨子)には、10年間同棲している売れない役者の村上ヒデオ(瑛太)がいた。7年前に大河ドラマに出演したヒデオ。その時はいずれカンヌに連れて行ってくれるとカナコは思ったが、最近はオーディションに落ち続け、カナコに頼りっきりのヒモ同然の毎日を送っていた。そんなある日、カナコが勤め先の弁当工場を突然クビになってしまう。プロレス好きだったヒデオは、プロレス団体がスタッフ募集していることを知り、カナコの職探しをアシストする。ひょんなことからプロレス団体で働き始めたカナコは、慣れないながらも日々奮闘、少しずつプロレスの面白さに魅了されていく。新天地でイキイキと働き出し、自分を構わないカナコを浮気していると勘違いし嫉妬に狂ったヒデオはとんでもない事件を起こしてしまい、思いがけないことに。

 

『百円の恋』もボクシングがモチーフされていたが、本作もプロレス+K1がモチーフ。『百円の恋』のダメ男バージョンと言えるが、よりコメディの要素が強い作品となっている。

 

『まほろ駅前多田便利軒』でもゆるい役をやっていたが、この作品での瑛太のダメ男ははまり役。演技のうまさを越えて雰囲気そのものがヒデオ役にはまっていた。望むらくは綾野剛ばりにビフォーアフターで肉体改造を見せて欲しかったが、コメディ前提でよしとしよう。

 

結構笑えるシーンが多いのだが、特にプロの格闘技家たちの出演がいい味を出している。

 

K1チャンピオンにド素人が挑戦するというのは、さすがにリアリティに欠け過ぎてないか(普通、死ぬ)とは思うものの、そこに目をつぶれば楽しめる作品。

 

恋愛物としてもイケていた『百円の恋』を越えるものではないが、気軽に楽しめる作品。

 

★★★★★★ (6/10)

 

リングサイド・ストーリー』予告編

AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

はったさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。