正直、微妙な感じ。格差恋愛は『花男』でもあるように、恋愛モノでは一つの王道パターン。しかし、『花男』では気にならないありえなさが、この作品では気になった。それは『花男』がコメディだからか。

 

主人公の春樹は、人に興味が持てない高校生男子。人と壁を作るのは、彼が周りよりも大人であり、彼にとっては周りがつまらなく感じるのだろう。そして人の評判になることを避けながらも、一たび噂の対象になっても、それを受け流す強さもある。受け答えもクレバー。つまり、見かけは置いておいて、興味をもつ女子がいても不思議はないキャラなのだが、その春樹のよさを理解するのが、男子からも女子からも絶大な人気を持つ桜良ただ一人という設定。彼女は「人を見る目はある」と何度も繰り返し言うが、JKにそれは期待できないだろう。クラス一陰気で、誰からも相手されない男子に、学園のアイドルが(恋愛未満だが)友情以上の感情を持つのか?と問われれば、「ないないない」と答えてしまう。

 

とにかく話が「きれい過ぎる」ので、悪くはないのだが、「その手には乗らないぞ」というそれほど素直になれない感情が先立ってしまう。そこまで話が「きれい過ぎる」と、少々の「汚れ」も目立ってしまう。それが「死ぬまでにしたいことリスト」の「恋人ではない男の子といけないことをする」というくだりのシーン。男だからといって春樹の肩をもつわけではないが、この時の桜良のリアクションにはかなりドン引きだった。

 

原作は勿論、住野よるによる(←ダジャレではない)小説であり、小説であればそれほど気にならない想像の世界が、実写映像にするとリアリティのあるなしが気になるというところか。

 

W主役の桜良役の浜辺美波の演技は、最初「うざっ」と思ったが、ストーリーが進むにつれそれほど気にならなくなった。春樹役の北村匠海はいい感じ。「お門違いですが」とわざわざ断って泣くことはないだろうとは思ったが。

 

ということで、批判的にならざるを得なかったが、主人公と近い年齢(及び精神年齢)であれば、もっと好意的に受け止めるであろう。自分はそうであるという方はどうぞという作品。しかし、奇をてらった作品のタイトルはいかがなものか。

 

★★★★★ (5/10) 

 

『君の膵臓をたべたい』予告編