『クレイジー・ハート』 (2009) スコット・クーパー監督

Fri, July 28, 2017 23:00:24 Theme: 洋画 カ行

 

ジェフ・ブリッジスは、わずか1歳で俳優デビューしてから60歳になるまでアカデミー賞受賞歴がなく、「無冠の名優」とも言われたが、本作品で、5回目のノミネートにして初めて受賞した(主演男優賞)。

 

カントリー・ミュージシャンとして一世を風靡したものの、今やすっかり落ちぶれてしまったバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)。自分が育てたトミー(コリン・ファレル)がトップ・ミュージシャンとして人気を博す一方、孤独な酒浸り生活を送るバッドだった。地方都市巡業で、バッドは記者ジーン(マギー・ギレンホール)のインタビューを受け、彼らはお互いに引き合うようになる。

 

売れているアーティストが家庭を顧みず、その後落ちぶれてどん底という設定は、いかにも現実にありそうなお話。その彼が真実の愛にめざめ、どん底から立ち直るという実に素直な展開のストーリー。それでもエンディングがかつてのハリウッド的なハッピーエンドでないところが現代的な味付けか。

 

30代半ばと思われるシングルマザーの女性が、60歳まぢかの酒浸りのルーザーに本当の恋をするのかというところが若干無理があるところ。それを考えると、彼女の子供が迷子になって見つかったその後のオーバー・リアクションも理解できる。つまりエンディングは現実的なハッピーエンドであり、それがこの作品のよいところだろう。

 

ジェフ・ブリッジスの演技はオスカーに値するものだが、この作品以外の彼の演技が悪いわけではなく、遅すぎる受賞だったと思われる。

 

家族を顧みなかった男が家族愛に目覚めるという設定は、かなり好みではある。エンディングへの展開が切ないと思えればよし、それでも出来過ぎと思えば若干評価は割引となるだろう。自分は素直に楽しめた。音楽が楽しめたのもよかったし。

 

★★★★★★ (6/10)

 

『クレイジー・ハート』予告編

AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

はったさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。