Tubeless Proto @ Eric Johnson live at NAMM2009 | 小さなギター屋さんBlog

小さなギター屋さんBlog

下北沢の東側(渋谷寄り)「代沢」という静かな街で営業する
小さなギター屋さんの、何気ない日常と独り言ブログです。

 

 

以前ブログに書いたのですが、

 

 

去年、ニューヨークのメトロポリタン美術館で

 

 

開催されたエキジビジョン

 

 

「PLAY IT LOUND」に行った時に

 

 

サンフランシスコ在住の友人と

 

 

本当に偶然、

 

 

エキジビジョンの会場で

 

 

出会ったのですが、

 

 

その時、友人と一緒にいた彼の友達が

 

 

Tubelessペダルを探していて

 

 

もしも売り物があったら紹介して欲しい

 

 

。。。。と言う話になり、

 

 

その方から昨日連絡があって

 

 

1台お譲りする話をしているのですが、

 

 

なんとその方、ローリングストーンズの

 

 

ギターテックの方でした。。。(驚)

 

 

さらに、なんと今年の

 

 

ローリングストーンズのUSツアー

 

 

のバックステージに

 

 

招待していただける事になりました(嬉)

 

 

*実現したらブログでご報告しますね=

 

 

そんな素敵な出会いの

 

 

きっかけを作ってくれた

 

 

Tubelessオーバードライブペダル、

 

 

そんなTubelessオーバードライブを

 

 

製作していた頃のお話。

 

 

*****************

 

 

その当時、私たちの独断で

 

 

名機と認定した5機種の

 

 

ドライブペダルが以下の5種類。

 

 

TS-808、ケンタウルス、

 

 

Zen Drive、SD-9、Power Booster

 

 

その、どのペダルよりも

 

 

音の立ち上がりが早く、

 

 

*コンプ感が少なく

 

 

ペダルっぽくなくてリアルな

 

 

アンプサウンドである事。

 

 

そんなペダルを作るのが目標で、

 

 

長い時間をかけて試行錯誤したのですが、

 

 

プロジェクトに関わった方の

 

 

数々の努力と試行錯誤の結果

 

 

素晴らしい仕上がりの

 

 

製品が出来上がったのです。

 

 

 

 

そして、このプロジェクト

 

 

実は最終的に9種類のアンプの

 

 

サウンドのニュアンスの再現に

 

 

成功していました。

 

 

ところが、量産となると、

 

 

オペアンプや、ダイオード、

 

 

抵抗などのヴィンテージパーツの個体差が、

 

 

最終的な出音の個体差位となる為に、

 

 

クオリティーコントロールが

 

 

あまりに困難すぎて

 

 

9種類の製品を量産する事は

 

 

最終的には断念致しました。

 

 

。。。ですが、幸いな事に

 

 

そんな貴重なオリジナルのプロトタイプの一部は

 

 

今でも私の手元に残っています。

 

 

 

 

そんな訳で、本日は久しぶりに

 

 

プロトタイプを

 

 

引っ張り出して、

 

 

弾いてみたのですが、

 

 

どれも魅力的なサウンドで、

 

 

当時音作りをしていた頃の事も

 

 

思い出したりして、

 

 

改めてそのサウンドのポテンシャルに

 

 

感動しました=笑

 

 

 

 

最後は「モノ」が証明してくれる

 

 

。。。と誰かが言ってましたが

 

 

本当ですね(笑)

 

 

p.s.

そんな今日のオススメは2009年のNAMMショーでの

エリック・ジョンソンのライブ

この時、このライブの会場(ステージ向かって左端にいます)に私もいるのですが、ライブが終わって、何気なくステージにイクイップメントを見に行ったら、彼の足元にさりげなくTubelessが。。。笑。。。「EJが3台買ってくれた」って聞いていましたが、実際使ってくれている事が嬉しかったですね=

 

 

p.p.s.

たった3000人の船の乗客を救うことができない安倍政権。もしも、このウイルス性肺炎が日本国内の一般社会に広がったら、彼らは対処ができるだろうか?。。。。今の状況を見る限り、絶対に無理である。国民の生命をも守ることができない。これでオリンピックは無事開催できると言うのだろうか。。。。?



p.p.p.s.

ライル・メイズが、66歳の若さで旅だってしまいました。今夜は、ウィチタフォールズにどっぷり浸って眠りますショボーン