NAMM発表から約1年後の発売 @ ジーザス・リザードHEAD | 小さなギター屋さんBlog

小さなギター屋さんBlog

下北沢の東側(渋谷寄り)「代沢」という静かな街で営業する
小さなギター屋さんの、何気ない日常と独り言ブログです。

*行きつけのお店の定番メニュー

「台湾ラーメン」

 

 

人間ドック前の1週間

 

 

全ての偏食もジャンクフードも

 

 

控えてたので、

 

 

人間ドック終了後、

 

 

連日ジャンクフード漬けの

 

 

ブログ管理人でございます=苦笑

 

 

ということで本日は

 

 

「台湾ラーメン」。。。笑

 

 

しかし、一見不健康そうなメニューって

 

 

何故に、こんなに癖に

 

 

なるのでしょうか〜笑

 

 

*******************

 

 

ところで、2019年の1月に開催された

 

 

NAMMショーで発表され

 

 

2019年の12月末に

 

 

ようやく発売される事になった

 

 

アイヴァニーズのTSV-808。。。。

 

 

 

 

NAMMの会場の試奏ブースでは

 

 

そんなに試奏者もいなくて

 

 

試奏し放題だったので、

 

 

他のモデルとの比較を

 

 

散々試す事が出来たのですが、

 

 

あれから1年経って

 

 

NAMMの個体と何かが変わったのか?

 

 

気になるので、

 

 

やはり自分の環境で、

 

 

試しましょうって事で、

 

 

確認の意味で入手しまして、

 

 

色々と試してみたのですが、

 

 

私の環境では、

 

 

以下のセッティングが

 

 

良い感じがしました。。。笑

 

 

 

 

あとはエフェクターの生命線である

 

 

「これでないと出ない!!」

 

 

という音か有るかどうか?

 

 

そこは今後、音楽の中で

 

 

このエフェクターが弾かれて

 

 

評価がどうなるのか?

 

 

10年後には

 

 

ある程度の答えが

 

 

出るのかも知れません。

 

 

p.s.

このところラッシュばかり聞いていたら、ゴリゴリしたベースの音が聴きたくなってしまい、そんな理由で今日のオススメはジーザス・リザードのアルバム「HEAD」でございます。

ゲディー・リーのゴリゴリとはまた違うゴリゴリですが、これが結構癖になるゴリゴリなのでございます=笑